ワンちゃん嫌がってない?抱っこの注意点!

小型犬を飼っている場合、大きな段差や人ごみなどで抱っこをする機会が増えますよね。 今回は、人間主体の抱っこではなくワンちゃんにとって心地良いポイントをご紹介します。


via photo-ac.com

犬が苦手な赤ちゃん抱っこ

ワンちゃんを抱っこする時、どんな風に抱っこしていますか?

多くの人がやりがちなのが「赤ちゃん抱っこ」です。

「赤ちゃん抱っこは」後ろ足で立たせて前足の付け根に手を入れて持ち上げ、地面から浮かせて足がぶらぶらさせてから抱っこする方法になります。

この方法は、足の関節や腰を痛めてしまう可能性があるため、避けた方が良いといわれています。

特に胴体の長い、ダックスフンドやコーギーなどの犬種は、腰を痛めてヘルニアの原因になります。

他にも人間の赤ちゃんを抱くように、仰向けに抱っこをしたり、お尻を支えながら飼い主さんの方に前足を置くような抱っこは、体への負担が大きくなってしまうため避けましょう。

主従関係を意識した抱き方

犬は主従関係という意識を強く持つ動物なので、ご主人様には従順です。

その主従関係が崩れると、飼い主さんの言うことを聞かなくなり、他の犬と喧嘩をしたり、他の人に噛み付いたりする場合があります。
そのため、常にその主従関係をハッキリとさせておく必要があります。

犬を抱く時もその主従関係を崩さないような抱き方をすることが大切です。

ワンちゃんの中には、甘えて抱っこをせがむ子もいますが、飼い主さんが抱っこをさせられるのはよくありません。

また、飼い主さんの胸よりもワンちゃんの顔が上にこないようにして持つことが大切です。

ワンちゃんに負担のない抱き方

ワンちゃんに負担のない抱き方は、地面にいる時と同じ体勢で抱いてあげることです。

リードを持っている場合は、リードを短く持ちワンちゃんを飼い主さんから見て真横に立たせます。

立たせたら足を両腕ですくい上げ腰の高さまで持ち上げて、肘でワンちゃんの体を自分の体に押し付けてワンちゃんを安定させてあげます。

ワンちゃんの前足は片手で下から掴み安定させてあげてください。

リードは踏んでしまわないように、片手で持つか首にかけ、地面に落ちないようにすることが大切です。

足がぶらぶらしている方が落ち着きやすいですが、ワンちゃんが安心していられる抱き方がある場合には、その抱き方をしてあげましょう。

▼小型犬の抱っこの仕方 【犬のしつけ方@横浜】 by 遠藤エマ トレーナー

まとめ

小型犬の場合、抱っこをする頻度も多くなるので、ワンちゃんが安心できる抱き方をしてあげましょう。

赤ちゃん抱っこは抱き方を知らない方がやってしまいがちな抱き方です。

ワンちゃんは大人しくしていても、実は快適じゃないかもしれないので、地面と同じ体勢でいられるような抱き方をしてあげて下さい。

抱っこのしすぎもワンちゃんにとって負担になる場合があるので、キャリーバッグなどに入れてあげれば、体への負担も軽減されます。