何だか心配!ネコちゃんが吐く原因

ネコちゃんはワンちゃんに比べて、よく吐いているイメージをお持ちの方もいると思います。 最初は心配になりますが、実はネコちゃんにとっては割りと普通のことなんです。 体の異常かどうかを見分ける為には、ねこちゃんが吐いた物を定期的に確認してあげましょう。


via pixabay.com

毛玉が混ざっている

ネコが吐く原因として一番多いのが「毛玉」を出すためといわれています。

ネコはとてもキレイ好きなので、自分の体を舐めてよくお手入れをしています。

その時に一緒に毛を飲み込んでしまい、お腹にたまってしまいます。

飲み込んだ毛の多くは便と一緒に排泄されますが、便で出しきれない毛がお腹の中でまとまってしまうため、口から吐き出します。

毛玉を吐く行為は特に毛が長かったり、多かったりするネコによく見られます。

毛玉を吐かないようにするには、飼い主さんがこまめにブラッシングをしてあげることで改善できます。

また、猫草を用意してあげれば、毛玉が吐きやすくなりますので、ネコの負担を減らしてあげることができます。

ちゃんと毛玉を排出できないと、胃や腸に毛玉が詰まってしまい、毛球症という病気になってしまうことがありますので注意してあげましょう。

食べ物が混ざっている

複数のネコを一緒に飼っている場合はこの症状が多く見られます。

他のネコにエサを食べられないように慌てて食べてしまい、うまく消化されず吐いてしまうのが原因です。

他にも勢いよくご飯を食べるネコちゃんに多く見られます。

慌てて食べているだけであれば、ゆっくり食べられるようにご飯を別にしてあげるなど工夫をすれば改善できます。

しかし、食べ物にアレルギーがある場合にも食べ物を吐いてしまうため、ご飯を変えたり、日頃食べさせている物に問題がないか確認することが大切です。

何も混ざっていない

吐いた中に何も入っていない場合は、お腹が空いて胃酸過多の可能性があります。

ネコは少量のごはんを分けて食べる習性があるので、1日分の量を2〜3回に分けて与えてあげましょう。

空腹でも吐くことがあるので、注意が必要です。

まとめ

ネコが吐く理由はいくつかありますが、吐くことでネコ自身が自分の健康を守っている場合もあるため、それほど心配する必要はありません。

しかし、中には体調不良の場合があるので、吐いた原因がわからなかったり、吐く回数が増えたりした場合は、動物病院で診察してもらいましょう。