ネコにネギは絶対NG!!その理由は?

玉ねぎやニラ、ニンニクなどのネギ科の野菜は、ネコが食べると病気や命の危険につながるような食べ物です。 今回のコラムでは、ネコにネギを与えてはいけない理由をご紹介します。


via pixabay.com

ネコにネギはなぜ危険?

ネギ類は与えてはいけないといわれていますが、なぜ危険なのでしょうか?

実はネギに含まれている成分が、赤血球に含まれる「ヘモグロビン」を変化させ、赤血球を破壊してしまうことに原因があります。
ネコは赤血球が破壊されることで、溶血性貧血になってしまいます。

また、ネギの成分は即効性の毒ではないため、すぐに命に危険が及ぶことはありませんが、それぞれのネコによって個体差があり、具体的に致死量については出されていません。

中には多少食べても平気な子もいますが、与えないように気をつけましょう。

ネギを食べた後の症状は?

ネギを食べてしまうと貧血や元気がなくなる、呼吸が荒くなるなどの症状が出ます。

また、ネギ中毒にかかってしまうと嘔吐や下痢、血色素尿(赤い尿)、黄疸、肝臓肥大を引き起こしてしまいます。

この状態になると体力がなくなるので、運動もしなくなり、じっとしていることが多くなります。

溶血性貧血の場合、歯茎が白くなり尿が赤くなるため、トイレなどで症状が確認できます。

赤い尿は血尿ではなく、赤血球の赤い色素が尿の中に流れ出たものといわれています。

普段よりも動きが鈍く呼吸が変だと感じたら、ネギ中毒による症状かもしれないため、動物病院で診察してもらうようにしましょう。

絶対避けたいネギの仲間とは?

ネギがネコにとってとても危険な食べ物なのはわかりますが、実はネギと同じ成分を含むものは他にもあるため、同じように食べさせないように気をつけましょう。

(ネギの仲間)

  • ニラ
  • にんにく
  • らっきょう
  • 玉ねぎ

ネギの仲間はユリ科に属するため、ユリ科のものもネコには与えないようにしましょう。

(ユリ科)

  • ユリ
  • チューリップ
  • アスパラガス
  • ヒヤシンス
  • スズラン

など。

玉ねぎやネギは、人間の食事の中でも頻繁に使われる食材です。

そのまま与えなくても、ハンバーグや、玉ねぎの入ったスープ、すき焼きの汁なども危険なので、あげないように気をつけて下さい。

まとめ

大切にしている家族だから、美味しいものを食べさせてあげたい気持ちはとても大切です。しかし、人間が美味しいと思っても、ネコには生死に関わる食べ物もあるので、与える時は必ず注意しましょう。

ネコは何が入っているかを知らずに、美味しそうなものはそのまま食べてしまいます。

ネコちゃんの健康を守るためには、飼い主さんがしっかり食事の管理をしてあげることが大切です。