ペットとお出かけしたい!ペット同伴で電車やバスに乗る時の正しいマナー

ペットと外出するときは、電車やバスに乗せて遠くに行きたいという場合もあるでしょう。しかし電車やバスに乗せると、吠える心配もあり、また場合によっては噛む危険もありますので、どのようにして乗せればいいのでしょうか?

ペットを電車に乗せる場合の正しいマナーは?

まず自分の愛犬を乗せる場合は、マナーを守れば乗せても良いとされています。

  • 小型犬である
  • ゲージの中に入れて連れて行く

この2つは最低限守るべきことであり、切符料金が必要なこともありますので、事前に鉄道会社に聞いた方が良いです。このようなことを守れば、よほどの事がなければ、乗車拒否されることはありません。

切符が必要な場合は一律いくらと決められており、同様に猫などでも同じ料金がかかります。そして乗せる場合のゲージについては、以下のように決まっています。

  • 長さ70cm以内
  • 縦、横、高さの合計が90cm以内
  • ゲージとペットを合わせた重さが10kg以内

ペットカートを利用する飼い主も多いですが、残念ながら規定の大きさを超える製品が多いので、使えないことが多いです。

ペットが電車に乗る場合の料金は?

ペットの電車料金は無料と有料の場合はあり、鉄道会社各社によって違います・

  • JRなどは有料
  • 有料の場合は280円
  • 私鉄会社は無料のところが多い

犬をゲージに入れて切符売り場まで行ったら、窓口で問題ないか確認してもらい、ペット用の切符を購入します。ペットを乗せる場合は、手荷物という扱いであり、切符料金は手荷物料金ということになっています。

ペットを電車に載せるなら・・・乗り物酔いには注意!

ペットを乗せる場合は、乗り物酔いをしないように気をつけて、体調を整え万全の状態で、乗せるようにしましょう。

電車に乗る前の直前にご飯を与えると、乗ってから酔うことがあるので、2~3時間前までにはご飯は与えておくようにしましょう。乗り物に乗せることが多い愛犬なら、小さいときから乗せておくと、乗り物に慣れて酔いにくくなります。

ペットにも酔い止めが効きます。ただ人間用の酔い止めは犬などには良くないので、必ずペット用のものを動物病院で処方してもらいましょう。

ペットを電車に乗せるときは必ずゲージに入れて、他の乗客に迷惑をかけないように配慮しましょう。乗ったときは、飼い主の膝の上や足下にゲージを置いておくと良いでしょう。