もしもの時に命を守る!用意しておきたい犬用の防災グッズ

万が一災害が起きたときはライフラインの断絶もあり、人間はもちろん、犬の生命の危機になる可能性もあります。そのような時のために、普段から災害に備え、防災グッズを揃えておくべきです。

災害時に何に困る?愛犬との避難生活

災害時は水や食料が手に入らなくなり、備蓄しているもの、災害用に配布されるものでまかなわないとならないということもあります。これはライフラインが復旧するまで、自分の力でなんとかしないとならないということを意味します。

避難所で暮らすときなども、もちろん愛犬がいれば世話をしないとならず、餌も用意しないとなりません。避難場所をなんとか確保できたとしても、やはり一番は水や餌などの食料です。また場合によっては愛犬と離ればなれになることも考えられます。

愛犬のために準備しておきたい防災グッズ

もしもの災害時に備えるには、以下のものを用意して備蓄しておきましょう。

  • 非常食と飲料水
  • ケージなどの避難用具
  • 迷子札
  • タオルや段ボールなどの生活用品

あなたの愛犬に普段から必要なものを備蓄して備えるべきですが、最低でも非常食と飲料水は1週間分は用意しておくと良いです。1週間経過すればペットフードの配給が行なわれることが多く、その期間を乗り越えられれば危機を回避できます。

避難所での生活で困らない!愛犬のために備えておきたいこと

避難場所で愛犬と共に生活するなら、他の人に迷惑のかからないようにしつけはしておくべきです。またリードなどを用意し、愛犬が不用意にどこかに行かないようにしましょう。災害時はガラスが飛び散っていることや、落石が起こるようなこともあり、犬も怪我や最悪の場合死亡する危険もあります。

また連絡先などを記憶したマイクロチップを犬に装着させる事も出来ます。これがあれば犬が離れてどこかに行ったとしても、チップの情報を読めば飼い主への連絡が可能となります。

災害は忘れた頃にやってくるという言葉があるように、ある日突然くるものです。被災すると愛犬も大変な思いをしますので、普段から災害に備えておきましょう。また災害に関係なく、愛犬は自治体で登録をしておき、登録は飼い主の義務となっています。