ワンちゃんと寝るなら、注意すべきこと5選

ワンちゃんと一緒に寝ると主従関係が崩れてしまうので、寝ない方が良いと聞きます。 しかし、実際に一緒に寝ても主従関係が崩れることはないそうです。 ただ、一緒に寝るときは注意するべき点があるのでご紹介します。


via pixabay.com

ワンちゃんと寝る時に注意すること(1)衛生面

ワンちゃんと一緒に寝るときに、一番注意するのが「衛生面」です。

一緒に寝る飼い主さんにも関係してくることです。

寝具は清潔にしておきましょう。

ワンちゃんの抜け毛や、目に見えないダニなどが布団に移り、痒くなったり、皮膚が荒れたりします。

お散歩から帰って来てから、足をキレイに洗い、爪の中を掃除しないと、外の汚れがそのままベッドに移ってしまい、衛生的によくありません。

ワンちゃんと寝る時に注意すること(2)ワンちゃんの安全面

寝返りで、いつの間にかワンちゃんの上に乗ってしまっていた!ということがあります。

場合によってはワンちゃんの命にも関わるため十分に注意しましょう。

アクセサリー等をベッド脇に置いて寝る人は、誤飲がないよう届かない場所に置きましょう。

ワンちゃんと寝る時に注意すること(3)ワンちゃんの自立ができなくなる

いつも一緒に寝ていると、ワンちゃんが自立できなくなるケースがあります。

一人で過ごす時間が苦手になり、お留守番ができなくなったり、ケージで落ち着きがなくなってしまうのです。

また、飼い主さんがいないと不安になってしまい、ストレスを抱えてしまいます。

自立については、ちゃんとしつけをおこなうことで解決できます。

ワンちゃんと寝る時に注意すること(4)トイレのしつけ

トイレのしつけがしっかりとできていないと、ベッドの上で用を足してしまうワンちゃんがいます。

トイレトレーニングは、一緒に寝るためだけではなく、一緒に生活を送る上でとても大切なことです。

トイレを認識できるようにしっかりと教えましょう。

トイレトレーニングができてからベッドで寝るようにした方が良いでしょう。

ワンちゃんと寝る時に注意すること(5)分離不安にならないようにしつける

一人で過ごす時間が少ないと、自立できず、分離不安になるケースがあります。

分離不安の対策として、ワンちゃんが一人で過せる場所を作ってあげましょう。

一人で過ごせる場所に馴れれば、自分一人で寝ることができ、飼い主さんと一緒にいなくても安心して過ごせるようになります。

ベッドで一緒に寝る前に、ワンちゃんが一人でも過ごせる場所を作ってあげて、認識させた方が良いでしょう。

まとめ

ワンちゃんと一緒に寝ると暖かく、お互いに安心して眠ることができます。

一緒に寝るときには、飼い主さんのためにも、ワンちゃんのためにも、ご紹介した5つのポイントには注意しましょう。

特に寒い季節は、くっついて寝るのもいいのではないでしょうか。