鳴いてるけど聞こえない!ネコのサイレントニャーの謎

口が開いて確かに鳴くようなしぐさを見せているのに声が聞こえない… なんていう体験をされたことのある飼い主さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。 声を出さずに鳴くサイレントニャーってなんでしょう?


via pixabay.com

ネコが無音で鳴くサイレントニャーとは

鳴いている様子なのに声が聞こえない。飼い主さんなら誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。

「うちの子病気なのかしら?」と疑ってしまった飼い主さんもいらっしゃるかと思いますが、実はこれ、「サイレントニャー」と呼ばれる猫の本能的な鳴き声です。

▼サイレントにゃー

このサイレントニャーは、人間に聞こえないだけで、ネコ自身や他のネコにはきちんと聞こえているといわれています。

子猫が親猫からはぐれてしまったときに、他の動物には聞こえない周波数の声で、自分の位置を母親猫に知らせるときに鳴いていました。

犬にしか聞こえない犬笛や、年齢が上がるとともに聞こえにくくなるモスキート音などと同じように、人間の耳でとらえることができない周波数の鳴き声になります。

サイレントニャーをするタイミングは?

サイレントニャーは危機的な状況でなければ子猫が母親猫に甘えるために発するものです。

「ミルクがほしい」とか「甘えさせて」の意味で鳴いていますので、飼い主さんに対して鳴くときは「もっと撫でてほしい」「おやつほしいな」というようなおねだりに使うそうです。

そして、何よりサイレントニャーはネコにとって最上級の愛情表現です。

サイレントニャーは信頼できる飼い主さんや親猫や仲間にしか使わないといわれています。

この鳴き方を見れた飼い主さんは、ネコちゃんに信頼されている証になります。

もうこれを知ったら嬉しさのあまり、「もっとご飯ちょうだい」「おやつ食べたい」等、おねだりされてもついついあげたくなってしまいますよね!

しかし、ネコの体調管理は飼い主さんの責任なので、体調や環境を様子見て応じるようにしましょう。

ちなみにこのサイレントニャーは子猫とオス猫に見られる傾向にあるそうなので、子猫やオス猫を飼っている飼い主さんは注視してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ネコの不思議で無音の鳴き声「サイレントニャー」はいかがでしたでしょう?

サイレントニャーが見れたら、ネコが飼い主さんに対して最上級の甘えるという行為を行っているときです。

動画もたくさんありますので参考までに見てはいかがでしょうか。