スイスから来たやんちゃな大型犬バーニーズマウンテンドッグの紹介

バーニーズマウンテンドッグはスイス原産のマウンテンドッグの一種です。 スイスでは”ベルナール・ゼネンフンド”(ベルンの山犬)と呼ばれ、ベルナールの英語読みで”バーニーズ”と呼ばれるようになりました。 大きな体と黒い艶のある被毛、従順な性格で人気のある犬種です。


via pixabay.com

バーニーズマウンテンドッグの歴史

バーニーズマウンテンドッグは、スイス産のマウンテンドッグ4大種の一種であり、ローマ帝国がスイス侵攻時に連れてきたマスティフ軍用犬とスイスの土着犬(牧羊犬)の子孫といわれています。

名前には”(原産地)ベルン市の山岳地での活動に耐えられる犬”という意味があり、その名の通り山岳地帯の厳しい環境で2000年も前から、牧羊犬や農作物やミルクを運ぶ使役犬として活躍していました。

19世紀後半、第一次世界大戦後は雑種化が進み、純血種が絶滅寸前となりましたが、愛犬家や研究者により保護され、現在では多くの国で飼育されるまでになりました。

バーニーズマウンテンドッグの特徴と性格

黒と白と茶のトライカラーが魅力のバーニーズマウンテンドッグ。

子犬でも7~20キロあり、成犬では40キロ前後になる大型犬です。

成長も早く、性格はとにかく甘えん坊で人が大好き!

特に子供のうちはやんちゃです…怖いもの知らずで、時には暴れすぎてしまうことも!?

表情豊かな犬種なので、飼い主さんが”中に人が入ってる?”と思ってしまう程、体全体で気持ちを表現してくれる犬です。

元々スイスでは番犬としても扱われていた犬種で、飼い主には非常に従順で堂々とした振る舞いをします。

大人になるにつれ、知らない人に対しては警戒する事もありますので、他所の人が近づいてきた時は気を付けてあげましょう。

バーニーズマウンテンドッグと楽しく一緒に暮らす為に

バーニーズマウンテンドッグは大型犬です。

飼い主には非常に従順ですが、時には番犬の血が騒ぎ、攻撃的になってしまう子もいます。

犬へのしつけは大切なことですが、特にバーニーズマウンテンドッグなどの大型犬はしっかりしつけなければいけません。

散歩のときはしっかりコントロールできるよう、リードウォークの訓練をしましょう。

また、子犬のうちに噛み癖を治させるのも大切です。

成犬になってからでは、じゃれて噛まれたら大怪我になってしまいます。

普段の生活から主従関係と信頼関係をしっかり築いておきましょう。

遊ぶのと甘やかすのは違うので、オンオフつけて接してあげてください。バーニーズマウンテンドッグとの楽しい生活を満喫できます。

まとめ

バーニーズマウンテンドッグは魅力あふれる犬種です。

しかし、寒い地方に住み、被毛が厚いので暑さに弱い犬種です。

また、関節やお腹が弱い子が多い犬種といわれていますので、毎日の健康管理が必要になります。しつけと健康管理をきちんとして、バーニーズマウンテンドッグとの楽しいペットライフを過ごしてみてはいかがでしょう?