犬の鼻は超敏感!知って欲しい犬が苦手な匂い

ワンちゃんの嗅覚はとても優れています。 優れているということは、苦手な匂いにも敏感に反応してしまうということです。 ワンちゃんのために苦手な匂いを覚えておきましょう!


via pixabay.com

犬の苦手な匂い①:刺激の強い調味料類

ワンちゃんが苦手な匂いは、人間が作りだした自然界にない匂いがほとんどです。

苦手な人もいると思いますが、酢の匂いは、刺激臭なので特に匂いに敏感なワンちゃんにとっては、強烈に感じます。

そのため、刺激の強い匂いを利用してトイレなどのしつけをする飼い主さんもいらっしゃるようです。

また、コショウもワンちゃんの苦手な匂いです。

人間でもコショウをかぐと鼻の粘膜を刺激してくしゃみがでるように、犬にとってはさらに刺激が強いのです。

眼に入ると特に痛いので、気をつけてあげましょう。

コショウだけではなく、刺激的なスパイス類は犬にとって苦手な匂いとなります。

犬の苦手な匂い②:香水

香水や殺虫剤なども自然界にはない匂いなので、ワンちゃんは苦手です。

人間にはいい香りと感じられる香水ですが、ワンちゃんにとってはとても迷惑な匂いになります。

ごくまれに「自分と同じ香りをつけたい」と、同じ香水をワンちゃんかける飼い主さんがいますが、ワンちゃんにとってはとても迷惑なだけです。

人間でも香水の匂いがキツイと感じる人もいますが、犬は人間よりも何万倍も嗅覚が優れているのでもっともっとキツク感じてしまうのです。

犬の苦手な匂い②:お酒、柑橘系

お酒の匂いが苦手なワンちゃんも多いです。

アルコールはツンとした刺激のある匂いがするので、飼い主さんが酔っぱらって帰ってくると吠えられてしまうなんてことも…

お酒を飲んだ日は、あまりワンちゃんとベタベタするのはかわいそうなのでやめておきましょう。

また、レモンやみかんなどの柑橘系の匂いも、ワンちゃんにとっては苦手なものです。

ミカンの汁が目に入るとしみて痛いように、鼻の粘膜が刺激されます。

犬のしつけ用グッズには柑橘系の成分が含まれているものが多いのです。

まとめ

ワンちゃんにとって苦手な匂いはあまり多くありません。

飼い主さんは苦手な匂いを遠ざけてあげましょう。

特に自然界にはない化学物質は、ワンちゃんの体にとってもよくないものもありますので気をつけてあげましょう。

ワンちゃんのストレスを取り除いてあげて、快適なペットライフを楽しんでください。