ワンちゃんにとっての幸せってなんだろう?

「あなたの幸せとは何ですか?」と聞かれたら、答えは人によって違います。 幸せに感じることは人それぞれで、誰かが決めつけることができません。 家族として過ごしているワンちゃんにとっても同じです。価値観を押し付けることなく心に寄り添った幸せの形を考えましょう。

Top Photo: (pixabay.com)

犬としての生き方と幸せについて

犬は歴史的にみても人間との関わり合いが長い動物です。

狩りを一緒にしたり、飼育されている牛や羊の動きを把握し誘導したり、人間の生活のサポートをしてきました。

今では、盲導犬や警察犬、レスキュー犬などさまざまな形で活躍しています。

また、愛玩動物として一緒に暮らす犬も多く、猫と並ぶ人気の動物です。

犬の生き方は、主に野生動物として生きる道と人間に飼育される道があります。

どちらが幸せかを考えても、人間にその答えを見出すことはできませんが、飼育する側は最大限幸せに生きるために努力することは可能です。

自分本位に飼育するのではなく、犬の視点に立って環境を整えてあげましょう。

病気予防に欠かせない体調管理の大切さ

犬を飼育する上で、生活しやすい環境を整えることは大切なことです。

しかし、好きなものを好きなだけ与えたりやりたい放題にさせてしまうと、甘やかすことになってしまいます。

犬も人間の子どもと同じように、しつけや我慢をさせることは大切です。

まだ小さいからと、しつけをおろそかにしたり可愛いからと言って甘やかしてしまうことは、犬にとって良くありません。

また好きなものばかり食べてしまうと、栄養が偏って肥満や病気を招くリスクが高まります。

犬の幸せのためにも、食事や運動に気を配り病気の予防をすることが大切です。

ペット保険の加入とワンちゃんの幸せのためにできること

愛犬が病気になったときや手術が必要になったときに、正しいケアをしてあげられるかどうかも考えましょう。

最近では、万が一の病気に対応できるようにペット保険への加入をする人が増えています。

野生として生きる犬たちには、外敵に襲われる命の危険や飢餓状態といったリスクがありますが、自分たちで生きていく方法しかありません。

しかし、飼育されている犬には、病院に連れて行ってくれたり治療を受けさせてくれる人間がそばにいます。

愛犬が幸せに生きられるために、飼い主としてできることをしっかりと行うことが、人間がやらなければいけない義務だといっても過言ではありません。

まとめ

ワンちゃんの幸せは、人間が一方的に決めるものではありません。

野生で生きることと人間に飼育されることには、どちらも幸せや生きる上でのリスクが伴います。

ワンちゃんを飼育する際には、愛玩動物として単に可愛がるのではなく、しつけや健康管理などをしっかりと行うことが大切です。

ワンちゃんの幸せのために飼い主としてできることを、しっかりと行いましょう。