ワンちゃんの鼻水が止まらない!もしかしたら鼻炎かも?

ワンちゃんの鼻はいつも濡れているのが健康の証。 でも中には、濡れる以上に鼻水が垂れてしまっているワンちゃんもいます。 実はその鼻水「犬の鼻炎」かもしれません。 今回はワンちゃんの鼻炎についてご紹介します。


via pixabay.com

これって犬の鼻炎?こんな症状が出たら要注意!

ワンちゃんの鼻炎の主な症状は、鼻水やくしゃみなどが多く見られます。

鼻炎の初期はサラサラした鼻水ですが、慢性化してしまうと、普段はかからない細菌などに感染してしまい、黄色や緑色の膿が鼻水と一緒にでてきます。

また、鼻涙管に炎症や感染が広がると、鼻涙管が詰まり涙流症の原因にもなります。

粘膜の腫れを伴い、鼻が詰まるので口呼吸になるのが特徴です。

この状態が慢性化すると副鼻腔炎を起こしてしまうので、飼い主さんは鼻の濡れ具合について注意して見てあげましょう。

ワンちゃんの鼻炎の原因とは?

鼻炎の主な原因には、下記のようなことがあげられます。

・鼻腔や副鼻腔に細菌が感染(ジステンパー・ウイルス)
・鼻腔や副鼻腔に真菌が感染
・鼻の中に腫瘍ができる
・異物の吸い込みで鼻の粘膜が傷つく
・口蓋裂や歯周病などの口の病気
・アレルギー

これらが原因で発症することが多く、初期症状は鼻水だけというケースがあるので気づきにくいといわれています。

鼻炎ですが口の病気が原因になることがあるため、口の中の健康チェックもこまめにしてあげましょう。

ワンちゃんの鼻炎の治療方法は?

鼻炎の治療方法として、基本的には抗生物質や消炎剤の投与がおこなわれることが多いです。

他の病気が原因の場合は、その病気の治療を鼻炎の治療とあわせておこないます。

アレルギーが原因と判断した場合には、抗アレルギー薬を投与して炎症を抑えます。

また、アレルギーの原因となる物質を特定して、アレルギー物質と接触させない環境作りをします。

先に予防しておこう!鼻炎の予防方法とは?

ワンちゃんが鼻炎にかからないようにするためには、細菌やウイルスなどに感染しないように、定期的に予防接種を受けることが大切です。

ワクチンによって改善できない細菌やウイルスについては、日頃の栄養管理や生活面でのケアで
免疫力を高めてあげましょう。

まとめ

鼻炎になると、ワンちゃんも辛いので早めに飼い主さんが気付いてあげることがとても大切です。

鼻炎を放っておくと副鼻炎になり、鼻血が出ることがある怖い病気です。

初期の症状に気がついたら、早めに病院へ連れて行きましょう。