雪の日にワンちゃんとお散歩するときの寒さ対策

犬にとって散歩は毎日の日課として欠かすことのできない大切なことです。 散歩は天候に関わらず行く必要があるため、雪の日などの急激に気温の低い時は、しっかり防寒対策をしてあげましょう。 今回は、雪の日の散歩に必要な防寒についてご紹介します。


via pixabay.com

犬の中には寒さが苦手な犬種もいる

犬の足の肉球は、いくつもの重なった脂肪の層によって形成されていて、その脂肪の層はケラチンという物質で覆われています。

これが犬の足の裏が、人間に比べてはるかに寒さに強いといわれている理由です。

しかしどんなに強くても、長い時間雪に触れていれば肉球も痛んでしまいます。

また、全ての犬が寒さに強いわけではありません。

犬種によっては寒さに弱い犬もいるのです。

一般的に平均気温の高い南国原産の犬種は、寒さに慣れておらず弱いといわれます。

他にも、毛の短い犬種やチワワなどのシングルコートと呼ばれる犬種は、寒いのが苦手です。

愛犬を寒さから守るために必要な防寒対策

大切な愛犬を寒さから守ってあげるために、散歩時の防寒対策はとても大切です。

最も効果的なのは、洋服を着せてあげることです。

犬の洋服にはデザイン重視の服から、散歩を想定した服まで豊富にあって、雪の日に着せるのであればレインコートなどがおすすめです。

レインコートは雨に濡れないデザインになっていて、足元までしっかりと保護してくれて雪の日の散歩にも適しています。

そのほかにも、少しずつ外気に慣らすことも重要です。

いきなり室内から外に出してしまうと、急激な気温の変化に体調を崩してしまうことも考えられます。

そのため、散歩に行く前に室内に外気を入れて体を慣らしておきましょう。

犬だけでなく飼い主さんの防寒も大切

雪の日に愛犬と散歩をする時は、飼い主さんの防寒対策も忘れてはいけません。

寒さ対策で洋服を重ね着する時は、動きやすさも考慮に入れることが大切です。

雪の上を歩く時は滑りやすいところもあり、怪我をしてしまうことも考えられますので、万が一の時に素早く対処できるように、少ない重ね着でも暖かさを感じられる服装を選びましょう。

洋服の丈の長さは、歩きながら足元が確認できる程度が理想です。

靴は雪の上や凍ってる場所を歩くことを想定して、滑りにくい素材の物にしましょう。

スニーカーなどは日常では歩きやすく散歩におすすめですが、雪の日では滑りやすく不向きです。

靴底がゴム製品でできている物が滑りにくく安心して歩けます。

まとめ

散歩は犬にとって重要なことですが、人間にとってもコミュニケーションを深める大切な行為といえます。

住んでいる地域によって雪の量も冬場の気温も異なるので、慣れていない人には雪の散歩は大変です。

天候や気温に関係なく欠かせないことなので、しっかりとした防寒対策で外出をすることがお互いの健康を守ることに繋がるといえるでしょう。