ペットに牛乳は不向き!?バランスの良い食事とは?

牛乳が原因で下痢になってしまうワンちゃんやネコちゃんがいらっしゃいます。 乳糖が分解できないのが原因で下痢になってしまうようです。


via pixabay.com

ペットに牛乳を与えると下痢をする理由とは?

牛乳に含まれている乳糖を、小腸で解することができずに下痢をしてしまいます。

この症状は「乳糖不耐症」と呼ばれ、ペット以外に人間でも症状が表れる場合があります。

もともと牛乳には乳糖が多く含まれており、子牛は乳糖を分解するための乳糖分解酵素を十分体に備えています。

動物によって乳糖が含まれている量が違うため、他の動物が飲むと乳糖を分解できずに下痢をしてしまいます。

また、離乳期になると乳糖分解酵素の分泌が停止してしまうので、乳糖を分解することができなくなり、下痢になってしまいます。

ホットミルクなら大丈夫?

実はホットミルクやスキムミルクも乳糖は分解されていません。

他にも低温殺菌牛乳や、バターミルクも同じように分解されていないので注意しましょう。

乳糖不耐症の子に与えられる牛乳以外の代用乳とは?

牛乳を飲むと下痢をしてしまう場合は、牛乳を与えないようにしましょう。

牛乳を原料とする乳製品には、製法によっては乳糖を含まないものがあるため、代用品としておすすめです。

カッテージチーズや低温殺菌したヨーグルトは、製造の過程で乳糖が除去されているため、乳糖不耐症のペットでも食べることができます。

特にカッテージチーズは下痢をしているペットにも安心して食べさせることができ、自宅で作ることもできるため、手作りで安全なカッテージチーズを作ってみてはいかがでしょうか?

他にも、ヤギのミルクは牛乳よりも乳糖が少なく、人間の母乳にも近いといわれているため、牛乳が苦手なペットにもおすすめです。

まとめ

基本的に犬、ネコはタンパク質を主食とする動物ですが、同じタンパク質の牛乳は少し成分が違います。

場合によっては下痢をして体調が悪くなる場合がありますので注意が必要です。

子犬や子猫は乳糖分解酵素の分泌が活発なので、牛乳を飲ませても下痢になることは少ないと思います。

ペットフードだけでも成長に必要な栄養は十分摂取できますので、牛乳で下痢をしたら与えないようにしましょう。