ワンちゃんは軟水派!硬水がダメな理由

ワンちゃんにもミネラルたっぷりの水を与えていませんか? 実はミネラルウォーターを与え続けていると病気になってしまうリスクがあるといわれています。


via pixabay.com

ワンちゃんにミネラルウォーターはダメ?

散歩の時など、飼い主さん用のミネラルウォーターをワンちゃんにも飲ませている光景はよく見かけます。

しかし、ミネラルウォーターは、人間の体には良いといわれていますが、犬の体には負担がかかってしまいます。

犬にミネラルウォーターを与えてはダメな理由は、ミネラルウォーターに含まれる「カルシウム」や「マグネシウム」の過剰摂取により、尿結石になるリスクがあるからといわれています。

医学的に実証はされていませんがワンちゃんのために、なるべくミネラルの入っていない、軟水をあげるようにしましょう。

なぜ犬に硬水はダメなの?

ドッグフードやおやつにも「カルシウム」や「マグネシウム」などのミネラルは含まれています。

硬水にもミネラル成分が多く含まれているため、硬水を毎日飲むことで食事以外からもミネラルを摂取することになり、ミネラルの過剰摂取になってしまいます。

そのため、水は硬水ではなく軟水を選び、ミネラル成分が入っていないものを選ぶことが大切です。

ドッグフードの食べ過ぎも肥満を招くだけではなく、体の不調にもつながってしまう可能性があるため、注意してあげましょう。

軟水と硬水の見分け方とは?

硬水はミネラル成分がたくさん入っている水で、反対に軟水はミネラルが少ない水です。

軟水と硬水の見分け方として、海外の水は硬水が多い傾向にあります。

海外の中でも原産国がフランスのミネラルウォーターは硬水のものが多く、日本が原産のミネラルウォーターは軟水が多いです。

WHOで決められている軟水、硬水の基準は、120mg/リットル以上の硬度であれば硬水、それ以下であれば軟水と分類されています。

ただ、採水地によって水に含まれている成分が異なるため、採水地と成分の確認をすることをおすすめします。

まとめ

ワンちゃんにとって水分補給にはとても大切です。

体の中の老廃物を排出したり、血行を良くする働きがあります。ただし、その水もミネラルウォーターのように、カルシウムやマグネシウムを含む水は、ワンちゃんの負担にもなってしまいます。

飼い主さんは、ワンちゃんの健康をしっかりと考えてあげて、軟水を与えるように注意しましょう。