初心者必見!ワンちゃんがトイレを覚えるまで

ワンちゃんと暮らす上で「トイレのしつけ」は一番大切です。 トイレをなかなか覚えることができず、初めて犬を飼う人はイライラしてしまうことも… お互いのストレスをなくして、スムーズにトイレのしつけができるよう、参考にしてみてください。


via pixabay.com

初めて犬を飼う人でも簡単!ワンちゃんのトイレのしつけ方

 
(1)トイレトレーの設置
トイレ専用スペースがあるサークルの場合、サークル内にトイレトレーが設置できます。

始めのうちは決まった場所でトイレができないので、サークル内全面にペットシートを敷いてあげましょう。

(2)トイレに誘導してあげる
トイレをしたいと感じるタイミングを知っておきましょう。
・運動や遊びのあと
・起床時や就寝前
・食後
・そわそわしている時
このようなタイミングでトイレに誘導すれば、排泄しやすくなります。

(3)排泄を促す
ワンちゃんの排泄を促す際に「おしっこ」「ちっち」「おちっこ」などの言葉を決めておくことで、排泄を促しやすくなります。
言葉は毎回統一しておき排泄を促す時にワンちゃんに声かけをしてあげましょう。

(4)トイレがちゃんとできたら褒める
一番大事なのは、ワンちゃんがちゃんとトイレをできた時にたくさん褒めてあげることです。

撫でてあげる以外に、おやつを与えることも効果的です。

(5)徐々にペットシートを片付ける
トイレができるようになってきたら、全面に敷いていたペットシーツを徐々に減らします。

最終的には本来のトイレの位置だけにシーツを残すようにします。

トイレの場所以外で排泄したときの対応は?

多くの飼い主さんがやってしまいがちなのが、トイレ以外の場所で排泄をした時に「叱る」ということです。

まだしつけの段階で、トイレを覚えていないワンちゃんがトイレを失敗しても叱らないようにしましょう。

このような時は、黙って片付けるのが正解です。

明るい声を出すと、褒められていると勘違いして、間違った場所でトイレをしてしまう可能性があります。

近寄ってきても、無反応で片付けましょう。

臭いが残ると同じ場所で排泄する可能性があるので、キレイに掃除をすることも大切です。

まとめ

ワンちゃんがトイレを覚えるのに、時間はかかります。

なかなか覚えないからと、すぐに叱ってしまうことのないようにしましょう。

また褒めるということがワンちゃんにとっては一番のご褒美です。

決まったところでトイレができたらしっかりと褒めてあげてください。