飼い主にお尻を向けるのは、ワンちゃんからの信頼の証

ワンちゃんとの生活で、仕草や行動に不思議に感じることがありますよね。 よ~く見てみると、お尻を向けられていませんか? お尻を向けることの意味や気持ちについて詳しくご紹介します。


via pixabay.com

ワンちゃんにとってお尻は重要なパーツ

ワンちゃんにとってお尻を向ける行為は、ずばり相手を信頼しているという証です。

私たち人間の感覚だと、背中やお尻を向けることは、好意の反対だととらわれがちですが、ワンちゃんの場合は逆です。

実はワンちゃんの急所は後ろ足で、早く走るために必要不可欠な体の一部でもあります。

下半身を守ることが本能的に重要だと思ってるということです。

そのため、野生のワンちゃんは休息をとる時には、お互いのお尻や背中を隠すようにくっつけて眠る習性があるのです。

ワンちゃんにとってお尻や背中は、とても大切なパーツだといえるでしょう。

尻を向ける行為は信頼の証

ワンちゃんは信頼していない人にお尻を触られることを、とても嫌がります。

もし、飼い主さんにお尻を向けていなかったり、触られることを嫌がるようであれば信頼関係を築けていないかもしれません。

逆にいつも寝る時はこちらに背中や、お尻を向ける仕草を見せたら、飼い主さんを心から信頼している証です。

飼い主さんとの主従関係をしっかり認識しているので、お尻を向けられて寂しいと感じても我慢してください。

尻を触ることを嫌がるワンちゃんの気持ちは?

いつもお利口なのにお尻だけは触らせてくれないというワンちゃんは、実は心の奥底では飼い主さんを信頼していないかもしれません。

かといって、無理やりお尻を抑えつけるのも逆効果です。

お尻を向けて座る行為は、飼い主さんを信頼して、ご主人様と認識した時に、初めて本能的におこなうものです。

無理やりワンちゃんの弱点をさらけ出すような真似をさせてしまうと、余計に信頼を失う原因になりかねません。

焦らずに、ゆっくりと信頼関係が築き上げられるよう、しつけやトレーニングをおこなうと良いでしょう。

まとめ

お尻を向ける行為は、信頼の意味の他にもメッセージが込められている場合があります。

例えば、不安を感じているときや、安心感を求めている時にもお尻や背中を向ける仕草をすることが多いようです。

また、遊びたい時や背中を撫でてほしい、という気持ちを表している時もあります。

こうしたワンちゃんのサインを読み取ることで、ますます関係性を良くしていくことができるのではないでしょうか。