あなたは大丈夫?ペットのしつけが下手な飼い主の共通点

ペットを飼うとなるとやはりしつけは行なわないとなりません。しかし注意しないとならないのは下手に怒鳴ったり闇雲に叩いたりするなど、こうなるとすでに動物虐待になっている可能性もあります。どうやっても上手くしつけが出来ない、そんな時は飼い主の自分の行動に共通点があり、一度自分を振り返るべきです。

完璧主義者

マニュアルや本などを用意して、その通りに行なったとしても、ペットは言うことを聞いてくれないこともあります。こうなると飼い主によっては、どうして上手くできないのかと不安に思う場合もあります。ただ、すぐにペットは教えたとおりにできるとは限りませんので、まずは気長に教えて様子を見るべきです。最初のときは、ある程度は妥協し、次第にできるようになればいいと考えるべきです。

短気な性格

犬はしつけをしたとしても、人間のように今日明日にすぐ覚えてくれるとはなりません。しかしながら飼い主としては、教えてもその通りにしない、言うことを聞かないなどと投げやりになってしまうのは良くありません。短気になりすぐに結果を求めては、上手くいくこともいかなくなります。やはり時間をかけて気長に教えていくようにしましょう。時間をかけて行なうからこそ、犬も次第に言うことを聞いてくれるようになります。

周囲の目を気にしすぎる

しつけを行なう場合は、どうしても周囲の目を気にする人もいます。他人に迷惑がかからないか気にしすぎて、必要以上に叱るなどして、犬に余計なストレスを与えて上手くいかないということもあります。まずは自分のペースで、周囲とは関係なく、じっくりと犬と取り組んでいきましょう。また周囲の目を気にせず、褒めてあげるべきときは、思いっきり愛情を込めて褒めてあげましょう。そうすることで飼い主と犬との絆や信頼も深まります。

まとめ

しつけを行なうときは、犬にも適した時期というものがあります。完璧にならず、それでいて短気にならず、またノウハウを事前にしっかり学んでから取り組みましょう。愛情が不足しても、間違った愛情をかけて行なうのも良くありません。