愛猫が年をとったら気を付けたいこと。

猫を我が子同然として、可愛がる人も多いと思います。
しかし、どんなに大切に可愛がっていたとしても少しずつ年をとり、愛猫ができることも減ってきます。

どんなに元気に見えたとしても少しずつ足腰に衰えがではじめたり、内臓機能の低下があることも事実です。
今回は「愛猫が年をとったら気を付けるべきこと」をご紹介します。

愛猫が年をとったら気を付けること

愛犬が年をとったら何に気を付ければいいのでしょうか?
ちょっとしたことではありますが、今後愛猫に長生きしてもらうためにもとても大切なことです。

適度な運動

やはり、猫も人と同じで年をとると寝てばかりになったり、動かなくなる時間も多くなります。
猫なのだから好きに過ごさせてあげたい、という気持ちも分かります。

しかし、1日中同じ場所で寝て過ごすと筋肉はだんだんと衰えて、愛猫自信が好きなタンスの上やキャットタワーなどちょっと高いところへも自力でのぼれなくなってしまうのです。

大好きな場所でお昼寝したいのに、足がふらついてのぼれない…
となると、愛猫にとっては大きなストレスになります。

適度な運動をさせるために

餅子ちゃん

年を取ると、子猫や若い成猫のように自らバタバタと遊び回ったりはしません。

愛猫が起きたタイミングで、抱っこをして部屋を移動します。
愛猫は、いきなり部屋を移動したことに対して驚くかもしれませんが、お気に入りの場所に戻るために部屋の中を歩き移動します。
その移動がシニア猫にとっては、丁度いい運動になるのです。

また、愛猫にごはんをあげる時にフードボウルを持って部屋を歩き回っても良いですね。

くれぐれも愛猫にストレスがかからないようにしてあげてください。

ごはん

シニアの仲間入りになっても同じごはん(フード)をあげ続けると、栄養過多になってしまう可能性があります。
尿路疾患になる可能性もありますので、見た目は元気そうだとしても10歳を越えたらシニア用のフードに変更しましょう。

ごはん(フード)をあまり食べなくなったと感じたらカリカリが食べにくいと感じている可能性もあります。
フードをふやかして柔らかくしてあげると食べることもありますので、ぜひ試してみてくださいね。

部屋の模様替えはしない

きなこちゃん

愛猫が年をとると、目が見えにくいかな?
ぶつかったら可哀想だな。
と、思う気持ちから部屋を広く使わせてあげたい。
という気持ちで部屋の模様替えをする人も多いと思います。

しかし、愛猫の若い頃の記憶では部屋のこの場所に家具がある、という認識で部屋の中を移動したり、寛ぐ場所を探しているため家具の配置が変わってしまうと混乱するのです。
部屋の配置が変わりすぎてしまい、目があまり見えない状態だと不安になる気持ちから部屋の隅で動かなくなってしまうことや、高い場所から降りてこないなどが見られることがあります。
愛猫が年をとったら、部屋の家具の配置替えはしないようにしましょう。

何歳からシニア猫の仲間入り?

実際、何歳からシニア猫の仲間入りになるのでしょうか。
この年齢を越えたら気を付けてあげましょうという、年齢は、10歳以降です。

人の年齢で考えると、56歳前後になります。
愛猫もこのぐらいの年齢になると、落ち着きが出て若い頃のように何かに反応したり、おもちゃで遊ぶなどの行動が次第に見られなくなってきます。

まとめ

「愛猫が年をとったら気を付けたいこと。」はいかがでしたか?
愛猫がシニア犬の仲間入りをしたら日頃の生活も少しずつ気を付けてあげましょう。

関連記事

猫の年齢を人に換算してみよう。あなたの愛猫は今何歳?

著者:miki.m