愛犬と沖縄旅行に行こう!おすすめホテルと観光地、注意したいことは?

愛犬との沖縄旅行について、興味をお持ちでしょうか?
大切な家族の一員である愛犬との旅行は、期待に胸を膨らませる一方で、不安なことも多いのではないでしょうか。

沖縄は日本でも最南端にある離島なので、本島とは天候もルールも違うのです。
この記事を読み終わる頃には、愛犬との沖縄旅行を準備万端で迎えることができるでしょう。

1.【愛犬と沖縄旅行】おすすめのホテル

沖縄には犬と泊まれるホテルがいくつかあります。
一口に沖縄といっても本島か離島かで変わってくるので、各場所のオススメのホテルをご紹介します。

1-1沖縄本島でおすすめの愛犬と泊まれるホテル

美ら海オンザビーチMOTOBU(小型犬・中型犬・猫・小動物可)

沖縄本島の北部、美ら海水族館からほど近い場所にある「美ら海オンザビーチMOTOBU」がオススメです。

大型犬以外の犬・猫・小動物は一緒に宿泊することができ、ミニキッチンの付いたコンドミニアムタイプのお部屋は使い勝手バツグンです。
ホテルにドッグラン等の設備は併設されていませんが、ホテル専用のプライベートビーチではペットと一緒に遊ぶことができます。

住所:沖縄県国頭郡本部町崎本部
電話:0980-47-2277
URL:https://churaumi-motobu.jp/

JAL オクマ プライベートビーチ&リゾート(小型犬・中型犬・大型犬・超大型犬可)

沖縄本島の北部にある「JAL オクマ プライベートビーチ&リゾート」は、大小問わずに生後6ヶ月以上の犬であれば一部屋2匹まで宿泊することができます。

愛犬を連れての沖縄旅行にはぴったりのホテルで、犬用の玄関にタオル、うんち袋や消臭剤までアメニティーが用意されています。
また犬用の食事も用意されており、テラス席では愛犬と一緒に食事を楽しむこともできます。

住所:沖縄県国頭郡国頭村字奥間913
電話:0980-41-2222
URL:https://okumaresort.com/

1-2沖縄の離島でおすすめの愛犬と泊まれるホテル

名蔵ヴィレッジ(小型犬・中型犬・大型犬・超大型犬・猫可)

沖縄県石垣市にある「名蔵ヴィレッジ」は、超大型犬まで宿泊できるコンドミニアムスタイルのホテルです。

大型犬(超大型犬)でも一部屋に2匹泊まることができ、小型犬〜中型犬、猫であれば3匹まで一緒に泊まることができます。
またペット専用の足洗い場が設けられているので、ビーチで遊んだ後など清潔にして部屋に帰れます。

バリアフリー設備が行き届いているので、ご家族みなさんでの旅行にもオススメです。

住所:沖縄県石垣市字名蔵1356-108-4
電話:0980-87-8282
URL:http://www.nagura-village.com/

シギラベイサイドスイート アラマンダ(小型犬・中型犬・大型犬可)

沖縄県宮古島市にある「シギラベイサイドスイート アラマンダ」は、大型犬まで宿泊することができるホテルです。

ペットと一緒に宿泊できるお部屋はスイートルームのみとなっていますが、全室プライベートスイートのホテルのため、他のお客さんに気兼ねすることなく時間を過ごせます。
犬用のアメニティーが準備されていたり、敷地内を自由に散歩できるなど、愛犬にとっても楽しい沖縄旅行になること間違いなしです。

住所:沖縄県宮古島市上野新里926-25
電話:0980-74-7100
URL:https://www.nanseirakuen.com/allamanda/index.html

2.【愛犬と沖縄旅行】おすすめの観光地

ペット宿泊可の多くのホテルには愛犬用の設備が併設されていますが、せっかくの沖縄旅行、家族全員で観光したいものですよね。

沖縄には様々な観光地があり、ペット同伴可能の場所もあります。
沖縄本島と離島に分けて、オススメの観光地をご紹介致します。

2-1沖縄本島でおすすめの愛犬と行ける観光地

大石林山

沖縄本島の最北端にある大石林山は、沖縄のシャーマンと呼ばれる「ユタ」が修行の場に使用することもある聖なる場所です。

自然がそのままの形で残されており、整備されたいくつかのルートを散歩することができます。
バリアフリーのルートも用意されているので、愛犬とご自身の体力を考えてルート選びをしましょう。

*ペットは大小関係なく同伴可能ですが、リードの着用が義務付けられています。

住所:沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
電話:0980-41-8117
URL: http://www.sekirinzan.com/

おきなわワールド

愛犬と一緒に沖縄文化を丸ごと楽しめる「おきなわワールド」は複数の施設からなる複合施設です。

天然記念物の「玉泉洞」には国内最多の鍾乳石が100万本以上もあり、愛犬と一緒に洞窟内を散歩することができます。
またエイサーを始めとした沖縄の舞踊文化を楽しむこともできます。
園内は体験型のアトラクションを除き、ほとんどの場所で愛犬と楽しめます。

*ペットは大小関係なく同伴可能ですが、リードの着用が義務付けられています。

住所:沖縄県南城市玉城字前川1336番地
電話:0989-49-7421
URL:http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/info/
2-2沖縄の離島でおすすめの愛犬と行ける観光地

通り池(宮古島/下地島)

宮古島のお隣にある下地島に「通り池」という、国の天然記念物に指定された観光地があります。

海と2つの池が繋がった通り池には様々な伝説があり、地元の方にはパワースポットとして親しまれています。
あまり派手な観光地ではありませんが、不思議な魅力ある通り池は一見の価値アリです。

ペットと同伴して散歩することもできるので、帰りは近くのビーチで思いきり遊ばせてあげましょう。

住所:沖縄県宮古島市伊良部字佐和田
電話:0980-78-6250
URL:http://www.city.miyakojima.lg.jp/kanko/annai/keisyouchi.html

石垣島から八重山諸島を犬と一緒に散歩しよう!

沖縄の離島はいくつかの諸島に分けられているのですが、その中でも最も離島の数が多いのが、石垣島を含む「八重山諸島」です。

石垣島から出ている高速船やフェリーに乗って、愛犬と一緒に離島をのんびり楽しむのがオススメです。
石垣島から1番近い場所にある離島が「竹富島」です。所要時間は10〜15分ほどなので、愛犬に負担がかかりづらいのもオススメポイントです。

竹富島は水牛が荷車を引く「水牛車」が有名で、昔ながらの沖縄家屋が立ち並ぶ景色はお散歩しているだけでも心を穏やかにしてくれます。

ペット同乗可能のフェリーで行くことができます。
URL:http://www.aneikankou.co.jp/water_routes/detail/taketomi

2-3沖縄のビーチには犬が入れない場所がある!

沖縄にはたくさんのビーチがありますが、犬は入れないビーチもあるのです。
特に「人工ビーチ」と呼ばれるビーチは、観光客用に整備されていることが多く、糞尿の懸念からペットの侵入禁止になっている場所が多いです。

ですが、沖縄本島の北部や離島にある「天然ビーチ」と呼ばれるビーチは、自然そのもので管理している場所ではないので、ペットも一緒に入ることができます。
ただし、天然ビーチはあくまでも「自然そのものの場所」なので、管理している人やライフセーバーは常駐していません。
最大限に安全に配慮した上で、愛犬と楽しく海遊びをしましょう。

3.【愛犬と沖縄旅行】おすすめの飲食店

沖縄には美味しいご飯がたくさんあり、お酒好きな人にとってはディナーも楽しみのひとつですよね。
せっかく愛犬と沖縄に来たのだから、食事の時間も一緒に楽しみたい…そんな飼い主さんたちにオススメの飲食店をご紹介します。

3-1沖縄本島でペット同伴可のおすすめ飲食店

リゾートカフェKAI

那覇空港から車で20分ほどの場所にある「リゾートカフェKAI」は、海の家を本格的なカフェにした飲食店です。

ペット同伴可のテラス席が80席もあるので、気兼ねなくゆとりを持って食事を楽しむことができます。
愛犬用の食事メニューは用意されていませんが、お水をもらうことはできます。

また目の前には美SUNビーチが広がっており、リゾートカフェKAIのある豊崎では様々なイベントが行われています。坂のない平らな地形なので、食事を楽しんだ後はのんびりお散歩するのがオススメです。

住所:沖縄県豊見城市豊崎5-1
電話:050-5522-6546
URL:http://kai-booten.jp/resort_cafe_kai/

南国ダイニング クロコダイル

大きなカニの看板が人目を引く「南国ダイニング クロコダイル」は、沖縄県中部の北谷町にあります。
シーフードレストランとして沖縄の魚介類を楽しめる他、エスニック料理を食べることもできます。

また週末にはファイヤーショーが開催されたり、店内には大きなワニの置物や南国感溢れるインテリアが所狭しと並べられています。
テラス席では犬(大小問わず)・猫・小動物と一緒に食事を楽しむことができ、また歩いて数分の場所にはビーチもあります。

住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜2-4-2
電話:050-5798-4448
URL:https://r.gnavi.co.jp/f139200/

3-2沖縄の離島でペット同伴可のおすすめ飲食店

CAFÉうぷんみ

宮古島にある「CAFÉうぷんみ」は、平屋を改装したカフェになっています。

お庭にはオーナーさんが飼っているワンちゃんや、鶏などがいて、テラス席はペットの同伴も可能です。
沖縄らしいメニューから、タコライスにオリジナルメニューまで、様々な食事を楽しむことができます。
また海沿いに面した場所に位置しているので、波の音や景色を楽しめるのもオススメポイントです。

住所:沖縄県宮古島市平良下里219-7
電話:090-6868-0277
URL:https://www.facebook.com/Cafe%E3%81%86%E3%81%B7%E3%82%93%E3%81%BF-882470835218286/

Carib Café(カリブカフェ)

石垣島にある「Carib Café」は、観光地として有名な川平湾を見渡せる場所にあります。

人気店のためお昼前に行くか、お昼と夕方の間を狙うのがオススメです。
テラス席はペット同伴可能で、和風ハンバーグからポークプレートまで様々なメニューで食事を楽しむことができます。
景色が良く食事が美味しいと有名なお店なので、待ち時間が気になる方は事前に問い合わせることをオススメします。

住所:沖縄県石垣市川平山原1216-113
電話:0980-88-2113
URL: https://www.facebook.com/ishigakicaribcafe/

4.愛犬と沖縄旅行するにあたって、注意したいこと

マナーに気を付けたり、他の方に迷惑をかけないようにしたり、糞尿の後始末など、愛犬との旅行では注意するべきことがたくさんあります。
その中でも「沖縄だからこそ」注意してほしいことがあるので、旅行前に覚えておいてください。

4-1愛犬と沖縄旅行するなら「湿度」に気を付けよう

沖縄県は日本の最南端に位置し、無人島を含めた160の島でできています。
年間を通して温暖な気候が特徴で、真冬の2月でも最低気温が15度を下回ることはありません。
愛犬と沖縄旅行というと「気温」を気にする飼い主さんが多いですが、気温よりも「湿度」に注意してください。

沖縄は四方を海に囲まれた島のため、雲が発生しやすくスコールが度々起こります。となると必然的に湿度が上昇し、ひどいときには80%を超えることもあります。

湿度はジメジメとした暑さで体にまとわりつき、体温上昇とともに体力まで奪っていきます。
慣れない旅行先で愛犬も緊張すると思うので、水分補給は欠かさないでください。

また島の中心部よりも海の近くは、海風が吹き涼しく感じられることが多い場所です。昼間の行動を避けて、夕方から愛犬を連れて海近くで遊ぶのがオススメです。

4-2沖縄には野犬がいる、沖縄県民の「動物愛護」に対する価値観とは?

沖縄は日本の他の地域と違い、あらゆる面で独自の文化を築いてきました。特に離島には「島特有」の価値観が存在します。
数年前にニュースになったことで知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、沖縄本島の北部には野犬がいます。

元々は人と暮らしていた子たちが、色々な事情から山に捨てられたことで野犬の群れができました。

参考URL:http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/61319

また沖縄の離島には犬を食べる文化があり、その文化は少し前まで沖縄本島にも存在しました。
そのため、沖縄県民の中には「犬=家畜」という価値観があります。
彼らの文化や背景を否定する気はありませんし、「郷に入れば郷に従え」で旅行中も地元の方には最大限の配慮をお願いします。

特にノーリードは絶対にご法度で、犬嫌いな人も多いので、どんなに賢い愛犬も旅行中は絶対にリードを付けるようにしましょう。

5.まとめ

国内旅行先として有名な沖縄は、愛犬との旅行にもオススメしたい場所です。
愛犬と泊まれるホテルや観光地はたくさんあり、旅行先でも愛犬と楽しむことができます。

ただ、沖縄だからこそ気を付けてほしいこともあります。
せっかくの楽しい旅行中に嫌な気分になるのは避けたいので、愛犬の安全を守るためにも飼い主として最大限の配慮を持つようにしましょう。

ここまで愛犬と楽しむ沖縄旅行についてお話ししてきましたが、最後に以下の3点をご記憶いただけると幸いです。

1.沖縄のペット宿泊可のホテルには、犬のサイズ制限があるので気を付けよう
2.沖縄のビーチには犬が入ってはいけない場所がある
3.沖縄の文化や背景を重んじて、郷に入れば郷に従えの精神で旅行を楽しもう

著者:中川 リナ