猫と暮らす10のメリット

猫と暮らすことは、楽しいことだけではありません。
金銭面でも体力面でも負担がかかることもあります。
行動も制限されることも少なくはありません。

猫と暮らしていて、大変だと思う事もあります。
ただ、それ以上に猫は私たち、人間に大切なかけがえのないものを教えてくれるのです。

愛猫と暮らして初めて知った、10のメリットをご紹介します。

(メイン写真:わんにゃんフォトコンテスト Sucreちゃん)

無償の愛情を与える関係

わんにゃんフォトコンテスト サリーちゃん

猫はとても気まぐれです。

たまに甘えてくれたかと思いきや、嬉しくてギュっとしてしまうと、スルッと腕のいなくなってしまったり…
ただ、そんなツンデレな猫だからこそ、この子(猫)とずっと一緒にいたい。
このまま愛猫のために変わらぬ生活をしていたいと、いう気持ちで愛猫の健康と愛猫の幸せのために行動することが自分の幸せとも感じる事が出来ます。

頑張る励みになる

どんなに辛いことがあったとしても、自宅に帰ればいつも愛猫がいます。

寝ているだけでも、いつもと同じ場所にいてくれているだけで、愛猫は安心感を与えてくれます。
そんな姿を見ると、辛い気持ちもどこかへ飛んで行ってしまいます。
「仕事が嫌だなぁ。」と、思ったとしてもこの子(猫)のために頑張らなければ!という心の支えになりますね。

ストレス解消

わんにゃんフォトコンテスト 美優ちゃん

愛猫を抱っこした時、優しく触れた時、たまにゴロゴロと喉を鳴らしてくれることもありますよね。

あのゴロゴロと喉を鳴らして甘えてくれる音には、ストレス解消や免疫力UPなどの効果が期待できると、研究結果が出ているそうです。
猫と暮らすと温厚になる、というのは、もしかしたらこのゴロゴロ音からきているのかもしれません。

健康的になる

愛猫と暮らしていると、引きこもりがちになる。
というのは、猫と暮らしている人あるあるではないでしょうか?

しかし、愛猫と一緒に暮らしていて「癒されるなぁ」と、心から感じることもあるのではないでしょうか?
「癒し」は、幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンを分泌してくれます。
血圧が安定する。
心臓発作や脳卒中などの死亡リスクを軽減する。
と、言う結果がアメリカのミネソタ大学で10年間に渡り約4,000人に調査を行ったところ猫を飼っている人は心臓発作の発症率が約30%少ないことが判明しました。

家族の会話が増える

愛猫のちょっとした動作
可愛らしい表情
たまに甘えてくれるツンデレさ
今日は一緒に寝てくれた
など、犬にはないツンデレ具合が嬉しくて、家族の中でも自慢し合いながら会話が生まれます

部屋を綺麗に片づけるようになる

わんにゃんフォトコンテスト ウィルちゃん

お子さまがいる家庭では、思い当たることがあると思います。
出したら出しっぱなし、注意すると後でやるから。
そのように出していると、愛猫が誤飲してしまったり、大切にしているものを齧ってしまうことも少なくはありません。

高いところに置いたとしても猫は届いてしまうため、しっかり整理整頓する癖がつきます。

虫を退治してくれる

猫を飼っていると、家に侵入した虫を退治してくれることもしばしば…
そして自慢げに飼い主さんの元へ、捕まえたよ~♪
と、持ってきてくれるんですよね。

夏場は、ゴキを捕まえてくれる愛猫も多いようです。

愛猫と向き合うことで自分自身も成長する

わんにゃんフォトコンテスト オカカちゃん

愛猫と一緒に暮らしていくなかで、猫って諦めが悪いなぁ。
と、思ったことはありませんか?

なんとかして高いところに上ろうとするけれども、上れなくて…
でも諦めきれない猫たち。
何度も挑戦する姿勢に自分自身も勇気と、もう少し頑張ろうという気持ちになると思います。

命の尊さ

愛猫と一緒に暮らしていると、当たり前ですが子猫の天真爛漫な頃と比べてだんだんと年もとってきます。

アダルト期(2~6歳)では、まだ元気に高いところに登ってちょっとイタズラをしたり…など、可愛らしい姿を目にすることも多いと思います。
ただ、シニア期と言われる7歳を越えたぐらいから体力が衰えはじめ、出来ていたことが出来なくなった。
アレ?と、猫犬自身も飼い主さんも感じる事が次第に増えてきます。
また、長く一緒にいると、怪我や病気もすることもあります。

怪我や病気と闘いながら一緒に乗り超えて、絆も深まります。
また、1日でも長く元気で過ごしてほしいと願うようになります。

愛猫が残してくれるもの

 

わんにゃんフォトコンテスト チロちゃん

愛猫が虹の橋を渡ったあとは、悲しみに打ちひしがれると思います。
辛くて立ち直れない日々も続くと思います。
ただ、思い返してください。

愛猫と過ごした時間、沢山撮った思い出の写真、愛猫を通じて出会った人たち、数々の数え切れないほど笑った時間は人生にとってかけがえのない宝物になります。
そして、この子(愛猫)に出会えて本当に良かった。
と、思えるはずです。

まとめ

猫を迎えるということは容易いことではありません。
ペットショップなどでは、期間限定Saleなどと謳っていますが実際15年後、20年後の事を想像してください。
猫を迎える環境にいますか?
猫は、可愛い、楽しいことばかりだけではありません。
金銭面的な負担も想像以上に家計に打撃を与えることもあります。
命を預かるという大きな責任があります。

ただ、それら全てを受け入れることが出来れば、素晴らしい愛猫との楽しい生活が送れるのです。
愛猫と一緒に暮らした人にしか分からない、猫と暮らす10のメリットでした