なぜ犬はおしっこの後に土をかけるの?猫とは全く違う衝撃の事実!

愛犬とお散歩をしていて、電柱のにおいをクンクン…
おしっこをしたあとにコンクリートの上でも足で、ちょっと土をかけるような仕草をする愛犬ちゃんもいるのではないでしょうか?
マーキングしているクセに、におい消してるの?可愛い♪
なんて思う方も多いはず!

実は全く逆の意味なんです。

(メイン写真:わんにゃんフォトコンテスト キャスカちゃん)

犬がおしっこした後に土をかける理由

犬がおしっこした後、サッサと後肢で土をかけるのは、においを消すのではなく肉球から出る分泌液を地面にこすり付けて、マーキングの上からも自分の存在を主張する行為なんです。

犬は順位をつける動物ですので、土についた爪のひっかき傷やその周りに散らばる自分のにおい、そしてマーキング。
「自分は強い存在だから」と、アピールしたいんですね。

土をかけるのは犬の先祖のなごり?

犬の先祖は狼と言われています。
狼は、集団で群れをつくり狩りを行います。
集団で獲物を追いかけまわし、狩りをする狼は自分の存在を隠す必要はありません。
縄張りで、無駄な争いを避けるためにも必要なことでもあります。

マーキングは、強いものだけが許される

狼や犬社会での面白いところが、このおしっこをした後に土をかける行為。
実は、群れの中でもリーダー、もしくは2位の高い地位にいるオスだけがこの行為をするといわれています。
メスや順位の低いオスはこの行為をすることが許されないとされていたんですね。

現在の犬たちは、メスでもマーキングをする?!

わんにゃんフォトコンテスト ハチちゃん

現在の犬たちは群れで過ごしていることは少ないと思います。
各家庭に1頭、多い場合でも2~3頭、もちろん犬たちのリーダーは飼い主さんではありますが、飼い主さんはマーキングをしないですよね。
社会性は大切!
と、最近になって言われることが多いですが、社会性は人間社会のものです。

犬社会の順位の高いものだけが許される行為と、知らない犬の方が多いのです。
また、犬同士群れの中で暮らしてないため、マーキングをどんなにしてもその犬の自由ということでもあります。

去勢をしていないオスは、マーキングをして土をかける行為を行いますが、気の強いメスもマーキングをして、土をかけることがある。
と、判明されるようになりました。

まとめ

犬社会や犬ルール、とても面白いですよね。
あなたの愛犬は、どうですか?
愛犬ちゃんがマーキングだけでなく、土をかける行為までしていたら、実はリーダーになれる気質がある子かもしれませんね♪

著者:miki.m