子供に良いことがいっぱい!ペットを飼う事で子育てに与える影響とは?

子育てをしているような家庭でもペットを飼おうと考える方もいるでしょう。特に小さい子供は生き物が好きなので、喜ぶのはもちろん好奇心も育てます。また色々と良い影響も与えます。

ペットが子供に与える影響

どのような動物を飼うにしても、子供も大切に育てようと考えるので、いたわりの心を育てます。それと同時にどのようなことをすると動物が痛がったり嫌がったりするのか、そのような加減も身につけ、さらにはいつか訪れる動物の死を通じて命について学びます。世話をするとなると、餌を与えたり散歩に連れて行ったりしなければならないので、子供は世話を頑張るようになり、責任感も芽生えます。場合によっては良きパートナーとなってくれるかもしれません。

ペットと一緒に暮らすにあたって

どうしても動物がいると家の中に毛が散ったり、ニオイが発生したりしますので、家の中を綺麗に保つということはしないとなりません。場合によっては動物が外からダニやノミなどを連れてくる可能性もありますので、その対策も必要です。特にカーテンや布団、ぬいぐるみなどに布製品はダニなどが付きやすいので、こまめに掃除して洗濯するようにします。犬ならば毛が沢山抜ける種類もありますので、手入れと同時に抜け毛対策も必要です。

ペットと一緒に暮らすことで豊かな心になる

動物を飼うということは、生き物を飼うことであり、命を預かり責任が発生します。その中で一緒に生活すると、命について理解し、生き物とはどういうものかを直感で知っていきます。命については言葉で説明しても、なかなか子供は理解は難しいです。生き物が身近にいると、より大切なものと認識するようになり、子供も世話をして、その生き物から色々なことを学んでいき、心を豊かにしてくれます。

小さい子供のころからペットを飼うということは、良い影響を沢山与えて、生命について知るので大変良いことです。ただアレルギーや感染症などがありますので、これらに注意して世話をしていきましょう。