男性が一人暮らしで犬を飼う前に必要な心構え

一人暮らしの男性の方でもペットとして犬を飼いたいと考えることはあるでしょう。ただ散歩や餌などの世話をしないとならず、またお金もかかりますので、よく考えておかないとなりません。

ペット不可の物件で内緒でペットを飼うと悲惨な事に…

もしも賃貸住宅に住んでおり、ペット不可の場合に、内緒で犬を飼うというのはおすすめできません。見つかった場合は、強制的に退去させられるか、ペットを手放すかのどちらかになります。しかも、ペットが原因で壁紙や床が汚れている、傷ついている、または破損しているとなると、多額の修繕費用を求められます。

金銭的・時間の余裕はあるのか?

必ず考えないとならないのは、金銭面と時間的なことです。必要なお金としては、狂犬病予防接種3,500円、混合ワクチン9,000円を年1回、フィラリア予防8,000円を8ヶ月に1回行ないます。その他にも犬用の餌やケージ、シャンプーやトリミング必要も必要です。飼うならば散歩に連れていないとならず、小型犬だとさほど時間は必要ありませんが、運動を沢山する大型犬となると、種類によっては毎日2時間も必要です。また家の中でのペットのためのスペースも必要となります。これらをすべてクリアできて、はじめて飼うことが出来るのです。

ペットがいて良かったと思う瞬間

犬を飼うと不思議と、自分に子供が出来たように、毎日一生懸命世話をするようになります。そして飼い主にとっても健康に良く、散歩に連れて行くので運動になったり、またベロベロに酔うまで酒を飲まなくなったりと、健康に気を使います。何よりも愛犬は癒してくれますので、少しのストレスなら解消できます。飼うのは大変ですが、それに見合った得るものも多いです。

犬を飼うとなると、お金や時間を使いますので、そのようなことを考えないとならず心構えが必要です。道具ではなく、飼ってみたけど大変なのでやっぱり捨てる、とは簡単にはできないのです。自分の環境をよく考えて飼うかどうか決めましょう。