あなたの猫は何処で寝る?寝場所でわかる猫とあなたの関係性♪

猫と一緒に暮らしていると寝食を共にすることによって、非常に深い関係を築くことができます。しかし実は猫はどこで寝るのかとても重要視しています。寝る場所によっては、飼い主との関係性が顕著に表れることもあるのです。

猫が選ぶ寝場所って何が基準?

猫は自由気ままに好きなところで寝ているように感じるかもしれませんが、実は寝ている場所によっては飼い主との関係性が崩れている可能性もあります。
睡眠時は非常に無防備な状態ですので、眠っている時に部屋の隅っこや、体を隠せる場所で寝ているような猫というのは飼い主のことあまり信頼していないかもしれません。

その一方で仰向けでお腹を見せて寝ていたり、リビングのど真ん中で堂々と寝ていたりするような猫は飼い主のことを信頼しているもしくは飼い主を自分より下であると考えている可能性があります。

近くで寝ている猫はまだ子猫気分♪

いつも一緒に寝たがるというのは、いつまでも自分が子猫のような感覚でいると思っていいでしょう。猫は子供の頃に母親に寄り添って寝ていますので、いつもくっついて寝ているような場合には、飼い主のことを完全に母親と思っているのです。

特に顔の近くや上半身の上の方で寝ているような場合には、あなたのことを信頼しきっている状態です。
しかし足元で似ているような場合には、信頼度自体は劣りますが、飼い主と程よい距離を保てていると言えます。

寝る場所でわかる子供っぽい猫と大人っぽい猫の違い

寝る時に飼い主から離れることができない場合には、子供っぽくて甘えん坊です。その逆に離れて寝られるなら大人っぽい猫です。

せっかく一緒に暮らしているにもかかわらず、寝るときはいつも別々である、ということに寂しさを感じている飼い主もいるかもしれません。確かに多少寂しさを感じるかもしれませんが、そのような場合は自立心が非常に強く大人の猫であると言えます。

それは決して飼い主のことが嫌いになったわけでもなければ、一緒に寝たくないというわけでもなく、甘える時は甘える、寝る時には離れて寝る、というそれぞれがしっかりと独立した考え方のできるということです。

寝る時というのは人間も同じように最も無防備な状態です。防備な状態をどこで過ごすのか、というのはとって重要なことです。場合によっては襲われて命を落とす可能性だってあるのですから。
そう考えると猫が寝ている場所によって、飼い主に対しての信頼度がわかるというのも頷けますよね。