愛犬が大好きな飼い主にのみ行う6つの愛情表現

は非常に表情豊かな動物です。
愛犬にとって、大好きな家族であっても大好きランキングとして順位付けされることがあります。

あなたは、愛犬のボディーランゲージで伝える大好きのメッセージを受け止められていますか?
今回は、愛犬の愛情表現6つをご紹介したいと思います。

愛犬からの大好きのサイン6選

1.目を見つめてアイコンタクトをしようとする

犬やその他の動物にとってアイコンタクトは、敵意を表している行為とされています。
そのため、初対面の子(犬)に対して目をじっと見つめたりすると、恐怖を感じさせてしまうということを聞いたことがある人も多いと思います。

しかし、そんな喧嘩の合図ともなるアイコンタクトを愛犬からしてくるということは、飼い主さんのことが大好きで、信頼しているからアイコンタクトができるとも言えます。

2.愛犬の笑顔

愛犬が目を細めたり、口をあけて笑っているような表情を見たことがあると思います。
この笑顔のような可愛らしい表情は、楽しい時やリラックスしている時と考えられています。

一緒にお散歩している時や、遊んでいる時にこのような笑顔を見せてくれたら嬉しいですね。

3.正面に座る

飼い主が家で座っていると、正面に愛犬がぬっと出てきたり、正面に座ってくるようなことはありませんか?

それは「自分のことをもっとよく見て!」というアピールだったり「自分のことをもっと構って!撫でて!」という気持ちなんです。
携帯やTVにヤキモチ妬くなんて可愛いですよね。

4.お腹を見せる(へそ天)

家でこの姿勢で寝ていたり、その体勢で飼い主さんを見てくる場合は、飼い主さんのことが大好きで信頼している証拠とも言えます。

本来、犬にとってお腹は弱点になりますので、恐怖を感じた時に敵意がないアピールとしてお腹を出すことがあります。
大好きな飼い主さんがいるからこの空間は安心していられる。と犬が考えている可能性が高いと言えるでしょう。

5.すりすりしてくる

飼い主を大好きな人と認識している場合、自分のニオイをこすりつけてマーキングをしようとします。
マーキングといってもおしっこをかけるわけではありません。

自分の体臭を飼い主さんにつけて、この人は自分の大好きな人!という自己満足をしたいだけなんです。
犬は、よく臭いものに体をすりつけると思われていますが、大好きな人や物に対してもスリスリする行動をします♪

6.お尻をくっつけてくる

愛犬が飼い主の傍で、体をつけてきたり寄り添って寝るような行動をすることもありますよね。
その何気なく行っているしぐさは犬にとって、最大級の愛情表現のひとつ。
心から信頼できる大好きな相手の傍にいるから安心して眠れる。と愛犬が考えているからなんですよね。

お尻だけをくっつけてくるのは、いやがらせ?!
と思われがちですが、犬にとってお尻は1番の急所部分です。
1番の急所部分を安心して向けられるほどの大切な存在になれたら嬉しいですよね。

まとめ

「愛犬が大好きな飼い主にのみ行う6つの愛情表現」はいかがでしたか?

愛犬は、あなたに対して今紹介したこれらの愛情表現をしてくれていますか?
お尻をくっつけてきたり、TVを見ている最中に愛犬が正面に座っても、愛犬なりの愛情表現なんだなぁと思うと暖かい気持ちになりますよね♪

著者:miki.m