東京都のおすすめドッグラン【前編】

愛犬も1日遊んで走って楽しめる、遊んでいる愛犬を眺めつつ飼い主同士も交流が深められ、情報交換ができる!

そんな愛犬も飼い主も楽しめる場所がドッグランです。
今回は手軽に訪れることが可能な都内でおすすめのドッグランを5ヶ所、ご紹介します。

代々木公園ドッグラン

代々木公園ドッグランは、全体の広さ約3620m2の都内最大級の施設です。ドッグラン内は、3つのエリアで区切られているので安心して遊べます。犬の体重別に10kg以上の中型犬大型犬専用エリア、12kgまでの小型犬中型犬専用エリア、5kgまでの超小型犬専用エリアがあります。
ドッグラン利用には事前登録が必要です。ドッグランは24時間利用可能です。夜間照明は外灯のみになりますので、かなり暗くなります。利用料金は無料。登録には、畜犬登録(鑑札)と当該年度の狂犬病予防接種票が必要です。

アクセス・連絡先

住所 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町・神南二丁目
電話 03-3469-6081 代々木公園サービスセンター(9:00~5:00)
ホームページ:https://www.tef.or.jp/kopgp/dogrun.jsp

駒沢オリンピック公園ドッグラン

世田谷区の駒沢公園ドッグランは、全体の広さ約1,200m2のドッグランです。小型犬中型犬優先フリーランと小型犬専用ランに区画されています。施設内には、ベンチや水飲み場などがありますので、犬の喉が乾いた時もすぐに水分補給ができるのは嬉しいですね。
なお、ドッグラン利用には事前登録が必要です。ドッグランは24時間利用可能です。夜間照明は外灯のみになり、かなり暗くなるのでご注意を!
利用料金は無料。登録には、畜犬登録(鑑札)と当該年度の狂犬病予防接種票が必要です。

アクセス・連絡先

住所 〒154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1−1 駒沢オリンピック公園陸上競技場
電話 03-3421-6199(施設利用 貸出、予約/駒沢オリンピック公園総合運動場 サービス担当)
ホームページ:https://www.tef.or.jp/kopgp/dogrun.jsp

昭和記念公園ドッグラン

立川市にある昭和記念公園のドッグランには、都内のドッグランには珍しいボール遊びが出来るドッグランエリアがあります。
オープンアクティブエリアは、全犬種入場可能のボール投げ可能エリア。くつろぎエリアは全犬種入場可能のボール投げ禁止エリア。ボール投げ可能の小型犬専用エリア。まだランに慣れていないわんちゃん向けのビギナーズエリア。4種類の区画に分かれています。受付で愛犬登録カードの申し込みを行う、もしくは狂犬病予防接種注射済票(接種日より1年以内)と3種以上の混合ワクチン予防接種証明書(接種日より1年以内)の提示が必要です。利用時間は時期によって異なります。3月~10月までは9時半~17時、11月~2月までは9時半~16時半です。利用料金は無料。

アクセス・連絡先

住所 〒190-0014  東京都立川市緑町3173
電話 042-528-1751
ホームページ:http://www.showakinen-koen.jp/facility/facility_dogrun/"

蘆花恒春園ドッグラン

京王線沿いにある芦花公園駅にある蘆花恒春園ドッグランは、全体の広さ1,450㎡の広々としたドッグランで、中型犬大型犬優先エリアと小型犬専用エリアに区画されています。また、他の利用者との交流の場としてもご利用している人は多く、地域密着型のドッグランともいえます。ドッグラン利用には事前登録が必要です。利用料金は無料。利用時間は6時~22時までです。登録には、畜犬登録(鑑札)と当該年度の狂犬病予防接種票が必要です。

アクセス・連絡先

住所 〒157-0063 東京都世田谷区粕谷一丁目
電話 03-3302-5016
ホームページ:https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/007/detail/1061.html

つばさドッグラン

つばさドッグランは、全体の広さ2,800㎡の広々としたドッグランです。中型犬、大型犬優先のフリーエリアと小型犬専用エリアがあります。ドッグランを利用する場合は、事前に利用者登録が必要となります。利用時間は7時30分から21時までです。利用料金は無料。登録には畜犬登録(鑑札)と狂犬病予防注射済票が必要です。

アクセス・連絡先

住所 〒143-0002  東京都大田区城南島4丁目3−9
電話 03-3799-6402
ホームページ:http://seaside-park.jp/park_jonan/tsubasadogrun/

ドッグラン利用のためのマナー

利用登録を行ってからドッグランを利用しましょう。
ボール遊びは可能の表記がない限り原則禁止。
ヒート中(生理中)、ヒートが終わって2週間以内の雌犬はドッグランには入れません。他の犬を興奮させてしまう恐れがあります。
犬を連れていない人はドッグラン内に入る事は原則禁止。
犬以外の動物を連れて利用はできません。
排泄物の処理は持ち帰りましょう。ラン内に埋めないでください。
ラン内では基本おやつやトリーツを与えないでください。トラブルの原因になります。

まとめ

他の犬や飼い主同士の交流もできるドッグランは、規則を守って愛犬と楽しんでください。
ドッグラン登録には、病院で摂取した際に貰える『狂犬病注射済証明書』では登録できない場合があります。市区町村にて交付される『狂犬病予防注射済票』が必要になることがあります。詳細は公式サイトでご確認ください。
都内にはドッグランが沢山あるので、引き続き中編後編で紹介していく予定です。