ワンちゃんになんでも食べさせてはダメ!犬が食べたら危険な食べ物

犬は雑食性の動物であり、基本的になんでも食べることは出来ますが、中には与えてはいけない食品もあります。飼い主としては食べ物のバリエーションをつけようと、毎日ドッグフードばかりではなくワンちゃんに何か他のものを与えたくなることもあるかと思います。しかし、食べ物に関しては、一歩間違えれば犬を危険にさらしかねない重大な問題なのです。

ネギ類は中毒に!

ネギ類は、犬に与えてはいけません。タマネギに長ネギ、他にもニラやらっきょうやアサツキなどがネギ類に含まれます。

これらネギ類の野菜には、”アリルプロピルジスルファイド”という犬の赤血球内のヘモグロビンを破壊してしまう成分が含まれています。赤血球が破壊されてしまうと「溶血性貧血」と呼ばれる貧血症状を起こし、最悪の場合死に至ることもあります。犬にも個体差があり、この成分に対して耐久性を持っている場合もありますが、安全のためにネギ類の含まれる食べ物は与えないようにしましょう。

消化の悪いものや刺激物

消化の悪い物は人でも胃に負担となりますが、これは犬でも同じ事です。特にイカやタコ、エビなどの魚介類は消化がされにくく、犬は野生で暮らしてい時はまず食べないようなものなので、与えない方が良いです。

こんにゃくは、ほとんど成分が含まれておらず、犬にとっても害はありませんが、こんにゃくに含まれる食物繊維がやはり胃に負担をかけてしまいます。こういった食べ物は、どうしても与えたい時は少量だけを細かくして与えるべきでしょう。

甘いものは肥満の原因に…

甘いものは肥満の原因となります。砂糖の含まれる食品は、通常野生では決して食べないようなものばかりです。甘いものの与えすぎは肥満を招くのと同時に、ドッグフードを食べなくなってしまうこともあります。

とはいえ甘い物の糖質はエネルギーにもなりますので、少量なら与えても問題ありません。ただし添加物などが含まれる加工しているケーキなどより、リンゴやバナナ、サツマイモなど自然の甘みのある食べ物を与えるべきでしょう。またチョコレートなどに含まれるカカオは、犬の心臓や中枢神経に影響を与えるため、与えてはダメです。

ドッグフードだけでも、犬にとって必要な栄養は十分足りています。どうしても人が食べるような食べ物を与えたい時は少量だけ、様子を見ながら与えるようにすべきです。