実は、ワンちゃんの健康維持にヨーグルトが効果的!

「牛乳はワンちゃんに良くない」とよく聞きません? なんとなくヨーグルトも良くないのでは…と思われている方も少なくないかもしれません。 実は、ヨーグルトをワンちゃんに与えても大丈夫なのです! 今回は、ワンちゃんとヨーグルトに関する情報をご紹介します!


via pixabay.com

ヨーグルトはワンちゃんにとっても健康食品だった!

ヨーグルトは、人間だけでなく、ワンちゃんの健康にとっても様々な効果をもたらす食品なんです。

お腹の善玉菌を増やしてくれるので、ヨーグルトを食べることで腸内環境が改善され、ウイルスや感染症などにも強い体を作ってくれます。

消化を助ける働きもあるため、特にお肉系のごはんを食べているワンちゃんにとってもヨーグルトは最適です。

そして、口臭予防にも効果があります。

また、食事だけでなくヨーグルトで歯磨きをすると、より口臭を防ぐことができます。

ワンちゃんのお口のにおいが気になる飼い主さんは、一度試してみてはいかがでしょう?

「誤解」は乳糖にあった

牛乳がワンちゃんに良くないと言われている原因には、乳糖があります。

牛乳には乳糖と呼ばれる成分が入っており、ワンちゃんはこの乳糖を消化したりうまく吸収する働きが弱いために、牛乳を飲むことで下痢になってしまいます。

これは乳糖不耐症といいますが、ヨーグルトの場合は乳糖不耐症の心配がいりません。

逆にヨーグルトは乳糖を分解してくれるからです。

牛乳とは違い、ヨーグルトの乳酸菌が乳糖を分解する働きを持っているので、お腹への負担も少ないので、乳糖不耐症のワンちゃんでも、ヨーグルトは平気だというケースはよくあります。

このようにワンちゃんにとってヨーグルトは安全で、健康を助けてくれる食品です。

ワンちゃんに適したヨーグルトは?

いくらヨーグルトが体にいいからといって、ヨーグルトなら何でもいい…というわけではありません。

無糖で低脂肪・無脂肪のものを選び、砂糖が使われていたり、果実風味のものは避けてください。ヨーグルトを食べさせるタイミング
は、特に決まっているわけではないのですが、食後がベストです。

空腹時に与えると、胃酸で乳酸菌が弱まってしまい、乳酸菌の効果が弱くなってしまいます。

乳酸菌をしっかり腸に届けるため、食後に与えたり、エサに混ぜるのがベストです。

与えすぎに注意して、上手にヨーグルトを取り入れていきましょう。

まとめ

ヨーグルトを与えてもワンちゃんの体に負担がかかる心配は少なく、人間と同じように腸内環境に良い効果がたくさんあります。

体に良く、口臭予防もできてしまうヨーグルト、万能食品だと思いませんか?

ぜひワンちゃんの食生活にヨーグルトを取り入れてみてください。