ネコちゃんの耳が赤い!可能性のある病気とは?

ネコがしきりに頭を振ったり、耳を掻いていたら、すぐに耳をチェックしてあげてください。 赤くなっていませんか?耳が赤くなって痒みが出ている場合は、いくつか原因があります。 原因によって対処法は違うので、まず耳の状態を調べて原因を探りましょう。


via pixabay.com

耳ダニが引き起こす痒み

ネコの耳が赤く、かゆみを伴う症状がある時は、ダニが原因の可能性があります。

ミミヒセンダニというダニは、0.3~0.5ミリの体長で、猫の耳に寄生し、皮膚のかさぶたや血液をエサに繁殖するダニです。

悪化すると他の病気を誘発することもあります。

また、ネコショウセンコウゼンダニというダニは耳だけでなく全身に寄生します。

強い痒みを引き起こすので、激しく掻くと耳が赤くなったり、毛が抜けてしまうこともありますこれらのダニは他のネコと肌が触れてもうつりますので、動物病院で治療してもらいましょう。

外耳炎や中耳炎が引き起こす痒み

耳が赤い、痒みの原因の一つとして、外耳炎や中耳炎があげられます。

外耳炎は、鼓膜までの音の通り道に炎症が起きる病気です。

ミミダニや異物混入、アレルギーなどが原因でおこります。

頭をしきりに振ったり、掻くなどの動きが多いようです。

中耳炎は、耳の奥に炎症がおきる病気です。

外側の炎症が内部まで広がったり、細菌やウイルス感染が原因となることもあります。

治療は投薬治療が必要になってきます。

アレルギー性皮膚炎や真菌から痒みを引き起こす場合も

人間と同じ様にネコにもアレルギーがあります。

アレルギーは異物に対して過敏に反応することでおこり、アレルゲン(原因物質)は食物、ノミやダニ、金属や花粉などさまざまです。

また、ダニやノミに寄生されたことが原因で、アレルギー性皮膚炎を引き起こすこともあります。

痒みを伴い、発疹や脱毛などの症状がみられますが、その場合、アレルゲンの特定が必要です。

他にもカビ(真菌)が生えることによって、皮膚糸状菌症を引き起こす場合があります。

接触によってうつりますが、顔や耳、足などに感染しやすく、赤くなってかさつき、痒みや脱毛の症状がみられます。

まとめ

ネコの耳が赤く痒みがある症状は、様々な原因によって起こります。

原因によって治療方法が全く違うので、症状があらわれたら早めに動物病院に連れて行きましょう。

重症化してしまうと完治に時間がかかることもあります。

早く気付いてあげることが一番大切です、普段からネコの様子を観察しておきましょう。

耳の状態は比較的見えやすい場所ですので、こまめにチェックしてあげましょう。