ずっと一緒にいたい!ワンちゃんが長生きするお世話の仕方

ワンちゃんは大切な家族の一員です。 長生きしてほしと願う飼い主さんがほとんどだと思います。 今回は、ワンちゃんがより健康で長生きするために、気をつけるポイントをご紹介します。


via pixabay.com

ワンちゃんも定期健診で病気の予防!

人間と同じで、ワンちゃんも定期健診を受けることはとても大切です。

定期健診を受けることが習慣化していれば、だいたいの病気は早期発見でき、早めの治療が受けられます。

定期健診を受けることで、獣医さんも健康時の状態を把握しているので、病気の時の対処方法が的確に判断できるそうです。

また、定期健診では、目に見えない症状でも体重や毛質の変化から判断することができます。

定期健診によって病気の早期発見・早期治療が可能になるので、ワンちゃんの健康を守るためにも検診を受けるようにしましょう。

健康管理に食事内容はとても重要!

ワンちゃんの主食はドッグフードです。

しかし、ドッグフードもたくさん種類があるので、どれを選べば良いのか迷う飼い主さんもいらっしゃると思います。

そのような場合は、ヘルシー系のドッグフードを選択するのがオススメです。

また、食事内容は、ワンちゃんの健康状態や年齢と共に変える必要があります。

与える時間と量を守ることが最も重要です。

ワンちゃんに合わせた栄養バランスの良い「手作りご飯」もオススメです。

健康を守るためにワンちゃんの運動はとても大切

ワンちゃんの健康を守る上で、運動はとても大切です。

十分な散歩や運動は、ワンちゃんのストレス発散や筋力作り、関節を強くしてくれます。

よく吠えるワンちゃんは、運動量が足りない場合があるので、散歩へ連れていく回数を多くしてあげましょう。

老犬になったときでも、散歩に行けるように、若い頃から散歩や運動で筋力をつけてある習慣を身につけましょう。

グリーミングで全身を清潔にして、病気の早期発見に!

毎日のブラッシングや、肌や耳などを清潔にすることで、感染症やダニなどの寄生が予防できます。

普段からワンちゃんに触れてあげることで、少しの変化にも気が付きやすくなるので、何か異常があった時の早期発見につながります。

歯の健康は長生きするための秘訣

ワンちゃんも歯石や歯垢ができ、歯周病に感染します。

感染源を飲み込んでしまうことで、心臓や腎臓に致命的な症状を引き起こすことがあるので、口内は清潔にしてあげましょう。

口に触られることを嫌がるワンちゃんが多いので、子犬のころから慣れさせ、歯磨きやグッズで口の中の健康を守ってあげましょう。

まとめ

ワンちゃんが長生きするためには、定期検診や毎日のケアがとても大切になります。

日頃から飼い主さんがよくワンちゃんに触れて、見てあげること、気にかけてあげることで、病気の早期発見や予防につながります。

ワンちゃんは大切な家族の一員です。

しっかりケアして、健康も管理してあげましょう。