着せてもOK?猫に服を着せるタイミングと、猫×服の相性について

見た目が可愛らしい猫の服ですが、場合によっては着用がストレスになることもあります。長時間着せるのは避けるとともに、必要なタイミングで服を活用しましょう。

基本的には長時間着せないほうが良い

猫は、基本的に服を着せる必要がありません。冷暖房で空調をきちんと調節してあげれば、そのままの状態でも問題なく過ごせます。服を着せるのは、なるべく短時間にとどめておきましょう。猫が長時間にわたり衣装を着用すると、皮膚トラブルを引き起こすおそれがあります。また、相性の悪い猫の場合には、何かを身につけること自体がストレスになるかもしれません。飼い主さんの信頼を失わないためにも、十分にご注意ください。

グルーミングができるように

猫に服を着せるときは、グルーミングができるように配慮してあげましょう。グルーミングとは、毛づくろいのことです。衣装によって体毛の部分が覆われると、猫が自由なタイミングでグルーミングをできなくなってしまい、ストレスを与えてしまうことがあります。
猫は自分の体毛を舐めることで毛づくろいをして、体を清潔に保っています。グルーミングという行動には、他にも猫がリラックスをしたり、体温調節をしたりとさまざまな役割があります。問題なくグルーミングができるように、長時間の着用はなるべく避けましょう。

術後など、安全・健康のために着せるのは◎

一方で、猫の服を活用するべきタイミングもあります。たとえば、避妊去勢手術後にエリザベスカラーを嫌がる猫には、患部をカバーするための服が有効となるケースが考えられます。このように、猫の安全や健康を守るために利用するのであればOKです。猫が嫌がらないよう、十分に慣れさせてから着せてあげてください。

基本的に猫に服を着せる必要はありませんが、場合によっては猫の健康を守るために衣装を活用できることもあります。ただし、基本的には長時間の着用は避けるとともに、猫が無理なくグルーミングできるように配慮してあげてください。