暑い夏が来る!真夏の猫ちゃんの留守番を快適に過ごしてもらうには?

夏でも猫を留守番させるようなことはあるでしょう。孤独には弱くない生き物ですが、夏場にはやはり暑さ対策をしないとなりません。ただエアコンを使えばいいということもなく、一工夫が必要です。

猫は実はエアコンが嫌い…

エアコンの風は猫にとってはあまり快適なものとは言えず、出来れば暑さ対策としてもあまり使わない方がよいです。直接風が当たると体調を崩す原因ともなり、どうしても室内を冷やしすぎてしまうということもあります。

ただ真夏日で室内が35度や40度になるというときは、これも暑すぎて良くないので、エアコンである程度部屋を涼しくした方が懸命です。

エアコン無しの暑さ対策

エアコンを使わずに暑さ対策をするとなると、一番手軽なのはひんやりするマットを使うことです。猫専用のアイテムや、アルミや大理石を使ったタイプがあります。

他にも手軽な方法としては、凍らせたペットボトルをタオルで包んでおいておくのです。猫は足を乗せたり、その上に上がったりして勝手に涼んでくれます。2Lなどの大きめのペットボトルの方が、一度凍らせると長い間冷たいままであり使いやすいです。

また遮光カーテンなどを使い、直射日光を室内に入れないという方法も、室温を上げず暑さ対策となります。

クールマットは必須アイテム!

猫のための暑さ対策というと、やはりクールマットは必須でしょう。ジェルタイプやアルミや大理石の素材のものがありますので、適当に1つ買って使ってみると良いです。いつもいる場所などに置いてあげると使ってくれるようになります。

またその他に涼しい場所も好み、風呂場の床など冷えやすい場所を好む傾向にあります。そのような場所に暑い日は勝手に移動して過ごしていることも多いです。

まとめ

真夏になると室温は40度になるようなこともありますが、猫によっては平気という場合もあります。ただやはり体調を崩しやすくなるので暑さ対策は行なってあげるべきでしょう。念のために多めに水などの飲料を用意してあげるのも忘れないでください。