愛犬と海へ泳ぎに行こう!海へのお出かけで注意すること

日差しも暖かくなってくると、愛犬と一緒にお出かけして海に行って泳ぎたいという方もいるでしょう。犬はある程度は泳ぐことが出来ますので、波の荒くない場所であれば、飼い主と一緒に泳いだり走ったり出来ます。

犬も海水浴できる海を選ぶ

海では日中の熱波は犬にとっては過酷なので、連れて行くとなると早朝か夕方頃の日差しの強くない時期が良いです。砂浜を触ってみて熱くないような時間を考え、連れて行くと良いでしょう。

ただ犬の立ち入り禁止の場所はあるので、犬も泳いで大丈夫な砂浜に連れて行きます。出来れば人が泳ぐには肌寒いと感じるぐらいの気温や少し曇っているような日が、犬にとっては快適に泳げます。

泳ぎが得意な犬でもライフジャケットは持っていこう!

もしも愛犬を連れて行くとなると、どんなに泳ぎが得意でも、ライフジャケットは着用させて泳がせましょう。急に波が来たりすると体ごと持っていかれる危険があり、事故防止のためにも安全を期してライフジャケットを着させます。

また強い紫外線や日光を浴びることになりますので、万が一に備えて保冷剤や水は漏っていき、泳いだ後に体を洗うためにも、やはり沢山の水は必要です。

犬と一緒に海に行く際の注意点

犬が海水を飲んで下痢をしたり、お腹が緩むこともありますので、ビニール袋など処理するアイテムは持っていきましょう。また泳ぐと運動をすることにもなりますので、水分補給できるように、飲み水なども持っていくべきです。念のために多めに持っていくべきです。

その他にも、体を拭くためのタオル、運動のあとの食事の餌、犬が日陰で休めるようにするためのパラソル、などもあると良いです。残念ながら海水浴場にあるシャワー設備は、犬が使うことは出来ないので、体を洗うための水やバケツは飼い主が用意することになります。

海水浴場でもペットも同伴できる場所はあります。ただし他のお客さんが犬嫌いの方もいるかもしれないので、自由に泳がせるのではなく、ある程度ハーネスで遠くに行かないようにした方が懸命でしょう。