健康のバロメーターになることも?猫の「目」

猫の健康状態は、実は目の様子にも現れることがあります。その変化は気づきにくい部分ではありますが、毎日チェックし細かい点を見ていくと、健康状態の変化がわかってきます。手軽に健康チェックを行えますので、病気の早期発見にも繋げることができます。

猫の健康を目でチェック!

ペットととして飼っている猫の健康チェックを行うには、目やにや出血、涙が沢山出るなど、そのような変化で健康状態を判別しやすいです。出血があればすぐに病院に連れて行くべきですが、涙などだと、生理現象の場合もあります。

そのような中で判別しやすいのは目やにがあるかどうかです。傷が付いている場合や、細菌やウイルスに感染している可能性があります。赤褐色であれば正常ですが、色や量が違う場合は、獣医に診せた方が良いかもしれません。

目やにのチェックポイント

これは老廃物が排出されたものですが、黄色い膿のようなものが出たときは注意が必要です。細菌感染や病気になっている可能性があり、こまめにチェックしてときにはガーゼで優しく拭いて取ってあげましょう。

片方からの場合は傷が付いている可能性もあります。両方の場合は細菌感染や病気になっている可能性があります。量が多かったり正常な赤褐色でなかったりした場合も、細菌感染などが疑われます。

猫の目の病気

異常や腫れが見られる場合は結膜炎の可能性があり、結膜が炎症を起こす病気です。また角膜が炎症を起こせば角膜炎になります。病院に行くと点眼薬を処方されますので、それを使いましょう。頻繁にまばたきをするようであれば緑内障の疑いもあります。

最近感染の他にも、顔をこすったり異物が入ったりすると炎症を起こしますので、顔付近を触らないように注意すると良いです。

まとめ

猫のケアをしてあげるときは、目の様子など異常がないかチェックしてあげるとよいですね。また目やには手入れ以外のときでも出ているかどうかは判別が付きますし、色や量も確認できます。また目の汚れを拭き取るときは素早く行い、手際よく拭き取って管理してあげましょう。