夏が旬のオクラ。犬はオクラを食べても大丈夫?

夏が旬のオクラは、生で食べても焼いて食べても美味しいですよね。
愛犬にオクラをあげても大丈夫なのかな?
という疑問が浮かんだ人も多いのではないでしょうか?

犬もオクラを食べても大丈夫です。
オクラはどれぐらいあげて良いの?
オクラには、どんな栄養素が含まれているの?
愛犬にあげるメリットとあげる時の注意点は?

そんな疑問にお答えします。

オクラの栄養素

オクラのネバネバ成分をはじめ、レタスの3倍のβカロテンやカリウム、ナトリウムが含まれています。
オクラのネバネバ成分には、免疫力アップや胃腸の活性化、便秘予防などの効果から大腸がんも予防する効果が期待できます。

与えても良い量(犬の体重別)

3kg…オクラ1本
5kg…オクラ2本~2本半
10kg…オクラ3本半~5本
15kg…オクラ6本~8本
20kg…オクラ8本~10本

上記はあくまでも目安の量になります。

初めて愛犬に与える場合は、この表記の半分ぐらいをおすすめします。
食べた次の日のうんちを必ず確認してくださいね。

愛犬にあげるメリット

オクラのネバネバ成分をはじめ、カリウムやβカロテン、ナトリウムなどの栄養素が含まれています。
カリウムには、利尿作用も含まれており夏バテ気味や夏バテ予防にはおすすめです。
βカロテンには、皮膚や毛の活性化に役立つため夏の紫外線でダメージを受けやすい皮膚の保護にも期待が出来ます。

ネバネバ成分は、免疫力アップや胃腸の活性化、便秘予防などの効果から大腸がんも予防する効果だけでなく滋養強壮作用も期待できるため、夏場にはぜひあげたいお野菜のひとつです。

生でも加熱したとしても栄養素は、ほぼ変わらないため刻んでフードの上にトッピングしてあげても良いですね。

愛犬にあたえる時の注意点

体に良いからと、与えすぎてしまってもよくありません。どんな食材でも、ほどほどが大切です。
与えすぎてしまうと、お腹が緩くなってしまうことがあります。

子犬や老犬にあげる場合は、少し量を減らしてあげましょう。

こんな子にもおすすめ

・夏バテ中、夏バテ予防
・便秘気味
・肝臓の数値が気になる子に
・疲労回復として

まとめ

おつまみとしても大人気のオクラは、愛犬にとっても体に良い夏野菜でした。
猛暑が続く日には、ぜひ愛犬にあげてみてくださいね。