夏が旬のとうもろこし。犬はとうもろこしを食べても大丈夫?

今の時期には、スーパーに沢山並ぶとうもろこし。
知っている人も多いとは思いますが、とうもろこしは愛犬も食べて大丈夫です。

甘味があって美味しいとうもろこしは、少しカロリーが高めです。
愛犬はあげると喜ぶけど、どれぐらいあげて良いの?
とうもろこしには、どんな栄養が含まれているの?
愛犬にあげるメリットとあげる時の注意点は?

そんな疑問にお答えします。

とうもろこしの栄養素

わんにゃんフォトコンテスト みどちゃん

とうもろこしには、日の光を沢山浴びて育つ野菜ですので、ビタミンB群、Eやカリウム、マグネシウム、カルシウム、βカロテンや食物繊維等も含まれているため、総合栄養食といっても過言ではありません。

だからこそ、ペットフードをはじめとした愛犬用のフードやおやつなどにもトウモロコシは多く使われているのですね。

与えても良い量

3kg…15g~20g(とうもろこし6分の1)
5kg…30g~35g(とうもろこし5分の1)
10kg…50g~60g(とうもろこし3分の1)
15kg…70g~80g(とうもろこし2分の1)
20kg…90g~100g(とうもろこし1本分)

トウモロコシの芯を入れない場合のグラム数になります。
上記はあくまでも目安の量になります。

初めて愛犬に与える場合は、この表記の半分ぐらいをおすすめします。
食べた次の日のうんちを必ず確認してくださいね。

愛犬に与えるメリット

わんにゃんフォトコンテスト ヨンちゃん

ビタミンが豊富に含まれているため、皮膚の活性化やがん予防も期待が出来ます。

食物繊維も多い為、胃腸の調子を整えてくれる効果もあります。
カロリーが高く、甘味があることから夏バテ気味の子(犬)や夏バテ防止食材としても人気です。

とうもろこしを少し潰した時に出るあの白濁した汁には、リノール酸が含まれており血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。
ドッグフード等は、乾燥させてすり潰してしまっている為、自宅で与える時にはぜひこの栄養価が高い汁ごとあげたいですね。

愛犬に与える時の注意点

体に良いからと、与えすぎてしまってもよくありません。どんな食材でも、ほどほどが大切です。
与えすぎてしまうと、お腹が緩くなってしまうことがあります。

また、とうもろこしは消化しにくいので少し柔らかめに茹でて、芯から取ってあげましょう。
芯ごとあげてしまうと芯もゴリゴリと齧ってしまい、体によくない成分まで摂取してしまうので、要注意です。

こんな子にもおすすめ

・夏バテ予防に(夏バテ中)
・便秘解消
・がん予防
・ビタミンが不足しがちな老犬に

まとめ

これからの季節には、スーパーに並ぶことも多いとうもろこしは、栄養満点の愛犬にあげたい食材のひとつです。
しかし、一定量を越えてしまうほど、あげすぎてしまうとアレルギー症状が出る事もありますので要注意です。

ほどほどに、おやつ感覚であげるにはとても良いお野菜です。