わんちゃんの食事を手作りにするメリット・デメリット

わんちゃんの餌は、ドッグフードではなく、手作りで作ってあげて与えるという人も増えています。自然の素材を使えば心配もなく安心です。もちろんそれにはデメリットとメリットの両方が存在します。

手作りのメリット

手作りするメリットとしては、やはり何を食べているか飼い主が把握でき、調味料や添加物に何が使われているか自分で知ることができます。ドッグフードには何が入っているかわからない、心配だという方にはおすすめです。
またカロリー調節もしやすく、それぞれの食材のカロリーを計算すれば、どれぐらい摂取したかわかります。水分を多くして煮たり茹でたりするなどすれば、量を多くしてカロリーを少なめに出来ます。

手作りのデメリット

一番のデメリットは、手作りで作る時間が必要となり、愛犬が食べやすいように料理してカットしなければならないといった手間でしょう。
それぞれの食材を用意するのには当然コストがかかり、手間もかかり、更にレシピを考えないとなりません。
気をつけないといけないのは、それぞれの食材の栄養素を調べて把握しないと、栄養が偏る危険もあります。
特に犬の場合は肉中心となり、野菜や果物はあまり必要としません。
また手作りの食事ばかり与えていると逆にドッグフードを食べなくなる可能性もあり、食事を作れないときが大変です。

手作りする時の注意点

まずは食事を作ってあげる前に、犬が食べてはいけない食材を把握しましょう。たとえばネギ類は貧血や下痢を誘発するなどあります。魚や肉でも、骨があるとひっかけたり刺さったりする心配もあり、料理するときは骨抜きをしないとなりません。
塩分や糖分にも気をつけるべきであり、自分で料理をする感覚で塩や砂糖を使うと、犬には摂り過ぎとなり腎臓に負担がかかるなど、健康に害を及ぼす可能性があります。
また、レシピを考えるにはそれぞれの食材の栄養素を把握しないとならないので、まずは栄養の勉強が必要です。

手作りの食事は作るのが大変ですが、愛情を込めて与えられます。ただせっかく作っても食べないことや、吐いてしまうことも無いわけではありません。
飼い主の愛が無駄になってしまうのは大変悲しい事ですが、そのような時はあきらめて普通のドッグフードを与えるようにしましょう。