夏に向けてさっぱりと!サマーカットで気をつけたい事

夏に向けてさっぱりと!サマーカットで気をつけたい事

サマーカットは夏に向けてさっぱりできて、ペットにとっても魅力的だと思われるかもしれません。確かに長い毛に覆われているよりも、短くカットした方が涼しく見えます。しかし実はサマーカットが逆効果になってしまうことがありますので、注意しなければなりません。

サマーカットをする事のメリット

見た目はもちろん衛生面においても、暑い時期に長い毛をなびかせているというのはあまり良くありません。特に子犬の場合には、体温調節がうまくないので注意してあげなければなりません。

そこで効果的なのが「サマーカット」です。
例えば、トイプードルのように非常にたくさんの毛が密集しているような犬種の場合には、しっかりとカットをしてあげなければなりません。
また、夏場のように暑い時には風通しが良い長さにカットすることで、皮膚表面に熱がこもるのを防ぐことができます。

注意しなければならないサマーカットとは?

毛というのは、3cm程度の長さがあることによって皮膚に影を作ることができ、紫外線や直射日光などから皮膚を守るという働きがあります。さらに寒い時期には、体温を保つために必要不可欠です。

毛を短くカットしすぎてしまうと、紫外線から皮膚を守ることができないことや、草むらに入った時に皮膚を傷つけてしまうなど様々なリスクがあることも忘れてはなりません。

トイプードルなどは暑さに非常に弱い犬種ですし、人間と比べて皮膚が薄く外部からの刺激にも弱いです。そのため毛を短くカットし過ぎて、強い日差しが皮膚に直撃してしまうと毛を短く切ったからといって必ずしも涼しいのかといえばそうではないのです。

そういったことからも、皮膚がうっすらと見えるほどに刈り込まれたスタイルというのは涼しく見えて、実は犬にとっては決して涼しくはないのです。

暑い夏を一緒に乗り越える為に♪

犬種はもちろん、それぞれ暑さに強い個体と弱い個体があるのです。それぞれに特徴がありますので、どのようなスタイルが似合うのか、そしてどのくらい毛を短くカットするべきなのか、といったことを十分に理解しておく必要があります。

夏の暑い時期も楽しくしっかりと乗り越えるためには、適切な毛の長さを維持してあげることが重要なのです。

トイプードルのようなトリミングにおけるデザインが重要視される犬種は、デザイン性ばかりで本来の機能性がついないがしろにされてしまいます。そのためサマーカットをする場合にも、しっかり一定の長さを残してカットしてあげるようにしましょう。

tags