しつけがペットの幸せに繋がる!大好きな飼い主になるためのしつけ

ペットを飼うとなるならば、家の中、そして外でも、人間社会の中で暮らせるようにしつけしないとなりません。ペットは最初から人間社会での決まりは知りませんので、飼い主が教えていかないとならないのです。

ペットのしつけの重要性

まずは飼い主とペットは一緒に生活するようになると、コミュニケーションを図ります。ときには喜んだり怒ったりと、そのような中で意思疎通を図ります。ただ最初は本能しか持っていませんので、行なって良いことと悪いことの区別はつきません。そこで室内ではどのようなことをして良いのか、してはいけないのか、外では散歩するときはどのようにすべきか、などと身につけさせます。それがしつけであり、ペットに教えないと好き勝手に行動するようになり、飼い主との生活が成り立ちません。

犬は指導者を必要とする生き物

犬はもともと集団の中で社会生活を行ない、上下関係の中で生きてきました。このために、犬をペットとして飼うのであれば、群れで生活しているときと同じように人と暮らすときも飼い主が指導者となって、生活の中で行なうべきことと行なってはいけないことを教えるのが良いのです。

ただ飼い主が指導者となるには、犬に自分が上だということを教えないとならず、犬の好きなようにさせると、飼い主を下だと見て、言うことを聞きません。そして上下関係を築くとともに、信頼関係も同時に築くのです。

しつけが出来れば犬との生活の幅も広がる

しつけが出来れば大好きなあなたの言うことを聞くようになり、一緒に生活もしやすくなります。そうすることでお互いに幸せに生きることもでき、犬も飼い主の言うことを聞くことで事故なども防げます。
散歩するにも、どこかに連れて行くにも、言うことを聞いてくれれば、生活の幅も広げることが出来るのです。そして意思疎通も可能となり、末永く最良のパートナーとして暮らしていけます。

犬でもどのようなペットを飼うにしても、やはりしつけは必要であり、人間社会の中での行動を教えないとなりません。そのためには、まずは飼い主が指導者としての立場を自覚し、ペットと信頼関係を築くようにしましょう。