猫のスプレー行為をしつけることは出来るの?

猫は家の中でも、壁に向かってお尻を向け、しっぽを立てるような行動をします。これは壁に向かって臭いのある分泌物をこすりつけて、マーキングを行っているのです。しかし家の中だと臭いがついていますので、猫に止めてもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

スプレー行為するのはなぜ?

猫が臭い物質をこすりつけるのはスプレー行為とも呼ばれています。

フェロモンが含まれていますので、発情期になるとこの行為をしてフェロモンを振りまきます。マーキングとしても行うので、縄張りを主張するときにも行われます。その他にも、トイレの場所が汚かったり気に入らなかったりするとスプレー行為をします。さらには、環境が悪かったり、他の猫と相性が悪かったりするとストレスによって行うこともあるのです。

この中ではやはり発情期の求愛行動として、行う場合が多いです。

スプレー行為をやめさせるには?

まず止めさせようとするなら、トイレを綺麗に掃除する、ストレスがないように他の猫といるなら、キャットタワーなどを設置したりして、隠れることが出来る場所を作るのも1つの方法です。

物理的にマーキングを止めさせるには、行為をしそうな場所に、段ボールや人工芝を置くと止めることがあります。また去勢や避妊手術をすると、止めるケースもあります。

対処方法としては、スプレー行為をしたら、猫をいったん部屋から外に出して、臭いの場所を掃除するという方法もあります。一回一回掃除しないとなりませんが、臭いを消すことはできます。

猫がマーキングするのは当たり前

猫がマーキングしたり、フェロモンを発したりするのは、生活する上では普通のことであり当たり前なのです。このために、もしもあなたの飼っている猫がスプレー行為をしたとしても、きつく叱ってはいけません。しつけで覚えさせるのは難しく、どうしても臭いをこすりつけてしまうということは、理解して上げましょう。

猫が臭いを壁などにこすりつけるのは、止めさせるのは難しいかもしれません。野生の猫でも行うようなことなので、毎回対処するしか方法はないかもしれません。