ペットと一緒に行きたい紅葉の名所3選:東北編

秋の風物詩と言っても過言ではない「紅葉」。ペットを飼っている人としては、できればペットと一緒に連れて行きたいところですよね。そこで今回は、ペットと一緒に紅葉を見に行くことができる東北の名所をご紹介していきます。秋の行楽シーズンの行き先として、ぜひ参考にしてください。

大内宿(福島県)

1つ目にご紹介するのは、福島県の大内宿です。大内宿の紅葉は、ガイドブックにも頻繁に掲載されるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。そんな大内宿ですが、実はペットを連れて歩くこともできるのです。

常に多くの観光客で賑わっているため、ペットを連れて行く際にはリードの装着が必須となります。ただ、テラス席でペットと一緒に食事できるお店もいくつかありますので、ペット連れの方でも十分に楽しめるでしょう。

古い家並みを眺めながら、のんびりと散歩してみてはいかがでしょうか。

蔵王(山形県)

2つ目は、山形県の蔵王です。

蔵王温泉やスキー場など、人間が楽しめるスポットが数多くありますが、ペットを連れて楽しむこともできます。

とくに、蔵王の紅葉は非常に綺麗で有名です。また、鳥兜山(とりかぶとやま)には展望台もあり、ロープウェイを使って登ることができます。もちろんロープウェイはペットも可能です。ただ、身体全体が隠れるキャリーバッグが必要なので、注意しましょう。

ロープウェイを降りると広大な高原が広がっていますので、思う存分遊ぶことができます。広大な自然と触れ合うことでストレス解消にもつながりますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

厳美渓(岩手県)

そして3つ目は、岩手県の厳美渓です。厳美渓は、岩手県一関市にある磐井川の渓谷です。

厳美渓の周りには2つの周遊コースが設けられており、約30分でまわれるコース(約1km)と、約70分でまわれるコース(約2.5km)があります。
もちろんペットと一緒に歩くことができますので、のんびり紅葉を見ながら散歩するのもよいでしょう。

厳美渓は、伊達政宗も賛美したと言われるほど美しい場所なので、ぜひペットを連れて足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、ペットと一緒に行きたい東北の紅葉名所3選でした。
秋の風物詩といっても過言ではない紅葉を、ぜひペットと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。