雨の日に、ワンちゃんとお散歩する時の注意点

雨の日のお散歩は大変です。 正直言えばお休みしたいところですが、外でしかトイレができない、散歩に行かないと夜中に無駄吠えしてしまうなど、休めないという飼い主さんも多くいます。 そこで、雨の日に気を付けたいポイントについてご紹介します。


via pixabay.com

雨具を活用しよう!

当然ながら、雨の中お散歩に行くと、ワンちゃんの体は濡れて汚れてしまいます。

体が冷えると風邪の原因になってしまうので、犬用レインコートを着せてあげましょう。

レインコートは汚れを防いでくれるメリットもあるので、お散歩後のお手入れがとても楽になります。

レインコートを選ぶときの注意点として、ワンちゃんのサイズにぴったり合うものを選びましょう。

また、ワンちゃんの性格に合わせて選んであげるのもポイントです。

脱ぎ着が苦手な子にはマントやポンチョの形になっているものがオススメです。

足が短く地面とお腹が近くなる子や、雨の日でも走り回る子には、オーバーオールタイプを選ぶと水や汚れを防いでくれます。

飼い主さんも雨具着用がオススメ!

ワンちゃんの雨対策はもちろん大切ですが、飼い主さんの雨対策も忘れてはいけません。

ポイントとして、ワンちゃんだけではなく飼い主さんもレインコートを着ることをオススメします。

特に中型犬や大型犬の場合、傘をさしてのお散歩は危険です。

両手を使えるようにしておかないと、いざというときリードをしっかりとコントロールすることができないからです。

小型犬の場合はとっさのリードコントロールに力が必要なことはありません。

が、それでもレインコートの着用をオススメします。

大きな水たまりなどでワンちゃんを抱っこする必要が生じても、レインコートなら服の汚れを気にする必要がないからです。

水たまりを避けた方がいい理由とは?

散歩中、水たまりを見つけて遊びに行ってしまうワンちゃんがよくいますが、これは避けることをオススメします。

水たまりの中には動物の糞尿に含まれる病原菌が潜んでいる可能性があるからです。

また、ワンちゃんが水たまりの水を飲まないよう、気を付けることも大切です。

濡れた道を長い時間歩いていると、肉球がふやけて傷が付きやすくなるため、なるべく雨の日は長時間の散歩は避けましょう。

水の中で見えなかったガラスで足を怪我してしまい、感染症になってしまうこともあるので、晴れているときよりも短い時間で行うようにすることが大切です。

まとめ

ワンちゃんにとってお散歩はとても大切です。

ただし、雨の日のお散歩は、晴れの日とは違い注意を払う必要があります。

散歩から帰ってきたら濡れや汚れをそのままにせず、しっかりと水を拭き取りケアしてあげましょう。

あまりに土砂降りのときは危険も大きくなるので、お部屋の中で一緒に遊んであげるなどしてお散歩の代わりにしてあげましょう。