小型犬だから散歩しない?チワワにも散歩が必要な理由

小型犬の中でも特に小さいチワワですが、室内の運動だけで散歩に連れて行かなくていいと思っている飼い主さんが多くいらっしゃいます。 実際はどうなのでしょうか?今回のコラムでは、チワワに散歩が必要かご紹介します。


via pixabay.com

チワワに散歩は必要?

室内でも結構な運動量になっていると思われがちですが、じつは散歩も必要です!

運動量だけをみると、室内だけでも十分ですが、散歩に行くことで「社会性」を養うことができます。

チワワの性格上、勝気で気が強く吠えグセがなかなか直らない子が多くいますが、散歩に行くことで多くの人に出会ったり、他の犬に会うことで、社会勉強になり悪い癖を改善することができるようになります。

1日に必要な散歩はどれくらい?

大型犬の場合、1日に必要な運動量が多いため、何時間も散歩をしたり走らせたりということが必要になりますが、チワワの場合は1日30分〜1時間程度で十分です。

チワワの散歩の目的は、運動量を確保するためではなく社交性を身につけるためと考えた方が良いでしょう。

ただ、ワンちゃんによって運動量には差があるので、散歩から帰ってきても家の中で走り回っているようであれば、散歩をもう少し長くしてあげましょう。

適切な散歩の時間や季節はあるの?

チワワの散歩は基本的に朝と夜の2回が良いといわれています。

季節によって、チワワの体に負担がないよう時間帯を選んで散歩に連れて行ってあげてください。

また、チワワはメキシコ原産の犬なので、寒さに対してとても弱いです。

冬場の散歩については日中の太陽が出ている時間帯を選び、洋服や犬用のコートを着用して、寒さ対策をしてあげましょう。

夏の日中は、太陽の光が強くアスファルトの温度もかなり高くなっているので、体に負担がかかってしまいます。

夏場は日中を避けて、早朝や夜の涼しい時間帯に散歩に行きましょう。

まとめ

チワワの運動量は室内でも十分ですが、社会性を身につけるためにも散歩はとても大切です。

散歩に行くことで社会経験を積み、他の人や犬との関わり方を覚えてクセなどを改善することができるようになります。

また、散歩に行く時は、体に負担が少ないように散歩の時間帯や季節を考えてあげましょう。

飼い主さんもワンちゃんと一緒に散歩を楽しみましょう!