ブサカワの代名詞!愛嬌たっぷりパグの飼い方

「ブサカワ」という言葉はパグが由来では?と思ってしまうほどブサカワイイパグ。 歩き方もコロコロして、無駄吠えが少なく毛が短いのでお手入れも楽ちんで大人気! 舌を出して「へへへ」と笑ってるような顔が愛嬌たっぷりで魅力的です。 老若男女に人気のパグの飼い方をご紹介します。


via pixabay.com

飼うなら知っておこう!パグの性格

パグがどんな性格かご存知ですか?

マイペースで小型犬の中では、とても大人しい性格です。

キャンキャン吠えたり、威嚇をすることもほとんどありません。

他の犬とはあまり遊ばない分、喧嘩も少なく飼いやすいといわれています。

その反面、頑固で融通がきかないところもしばしば…

そんなマイナス面は、トレーニングでしつければ大丈夫です。

興味がないかと思えば、飼い主さんには急に甘えたり、はしゃいでくっついてきたり…。

意表をつく行動で、熱狂的なパグのファンが増加中です。

パグは温度管理に要注意!体温調整が苦手

パグやブルドックなどの鼻が短い犬は「体温調節」が苦手といわれています。

パグも気温の変化にはめっぽう弱いのです。

夏は熱中症にかかりやすく、冬場の寒さも極端に苦手なので、温度管理がとても大切になります。

夏場は夜明け前の涼しい時間帯に散歩へ行き、夜はアスファルトの熱がなくなった時間帯に、散歩に行きましょう。

留守番中は、室内の温度管理にも注意が必要です。

最近のマンションは気密性が高く、熱がこもり室内の気温が上がりやすいといわれています。

自宅に帰ると熱中症で倒れていたというケースもあるほどです。

パグを飼うときは、室内の温度管理を第一に気をつけてあげましょう。

初心者でも飼いやすい「天真爛漫のご機嫌さん」

天真爛漫な性格をしているパグは、とてもおおらかな性格です。

犬を飼った経験がない初心者さんでも、飼育しやすい犬種といわれています。

子どもや赤ちゃんに対しても、怯えたり警戒することなく、人懐っこい態度で接してくれるのも特徴です。

また、もともと猟犬として交配されたわけではないので、運動量も比較的少なく済みます。
女性やお年寄りの方でも、飼いやすい犬種といわれています。

まとめ

散歩をしているパグを見かけると、尻尾をクルンと巻いて、とても可愛いです。

パグは初心者でも飼いやすく、おっとりした性格でとても人気があります。

犬を飼うか悩んでいる方は、ぜひブサカワのパグも検討してみてはいかがでしょうか?