一人暮らしでもオススメ!「ハムスター」の飼い方と準備の基本

ハムスターは体が小さく、犬や猫に比べて飼う手間が少ないため、ペットショップで大人気の動物です。ただ、小さい分刺激には弱く、間違った方法で飼ってしまうと体を壊してしまう可能性もあります。基本的な飼い方をきちんと覚えておきましょう。

ハムスターを迎える前に用意すべきグッズ

ハムスターを飼うときに必要なのは、ケージ・餌入れ・給水ボトル・巣箱・トイレです。全て合わせて1万円ほどで揃えられます。ハムスターのケージには、はじめから回し車やトンネルが備えつけられているものもありますが、掃除がしにくいのが難点です。初めて飼うときは、シンプルな金網タイプや水槽タイプをおすすめします。また、毎月必要となるグッズとしてペレット・床材・トイレ砂があります。ハムスターを迎える前に、これらのグッズを準備しておきましょう。

ハムスターはどんな環境だと過ごしやすいの?

ハムスターが過ごしやすいのは、気温差があまりなく、静かで落ち着ける環境です。ハムスターは温度差に弱いため、時間帯や季節で大きく気温が変わる場所にいると体力を消耗してしまいます。
また、ハムスターは群れを作らない動物です。頻繁に人に触られる環境だと、ストレスになってしまうため注意しましょう。ハムスターを飼う際は、触りすぎずに育てるのが理想です。
ハムスターは警戒心の強い動物で、周囲でよく音が場所にいるとなかなか落ち着けません。ケージは静かな場所に置いてあげましょう。

ハムスターの食事は「ペレット」

ハムスターの主食になるのはペレットです。ペレットとは食べ物を粉末にして、固形にまとめた餌のことで、これさえ食べていれば必要な栄養素のほとんどを摂れます。乾燥しているため保管も簡単で、非常に便利な食材です。ただし、ペレットだけでは摂れない栄養もあるため、ミックスフードや穀物をおやつとして与えましょう。にんじん・キャベツ・大根の葉を細かく切ってあげれば、ビタミンや食物繊維を摂ることができます。

体が小さいハムスターは、一人暮らしの方にも飼いやすいおすすめのペットです。飼育するときは、温度や周りの騒音に気をつけて、あまり触りすぎないようにすると、ハムスターにストレスがたまりません、正しい方法で飼って、ペットを長生きさせましょう。