愛犬と一緒にハイキング!~高尾山はペットフレンドリーなお出かけスポット~

暑すぎず寒すぎず、梅雨入り前の過ごしやすい季節だからこそアウトドアを楽しみたくなりませんか?

四季と自然を感じながら楽しめるハイキングは、近年愛犬と楽しむアウトドアとして人気急上昇中です。
いつものお散歩道とはちょっと違う新鮮な空気と景色、足元の草木が生い茂り、愛犬もワクワクすること間違いなしですね。
今回は、そんな自然を楽しみつつすぐに行けるおすすめお出かけスポット、高尾山をご紹介します。

メイン写真:わんにゃんフォトコンテスト ヴィオちゃん

不動の人気スポット高尾山

言わずと知れた、有名な観光スポットのひとつの高尾山です。
高尾山は、都内から電車でも1時間弱で行けるお出かけスポットでもあり、登山愛好家だけでなく愛犬家からも人気の山として知られています。

ケーブルカー・リフトも愛犬OK

愛犬と一緒に山頂に行く場合は、徒歩かな。
なんて覚悟を決める必要はありません!

高尾山のリフトは、抱っこでOKです。
ケーブルカーは、カートやキャリー、スリングなどに入っていれば一緒に乗る事ができます。
小型犬を連れている人には、貸出バスケットがあるようです。

多くの愛犬連れの人は、抱っこをして愛犬と一緒に景色を楽しむためにリフトに乗っていました。
紅葉の時期は、リフトもケーブルカーも大変な混雑が予想されるので、新緑が綺麗な時期に行くことをおすすめします。

山頂に行く途中の絶景カフェでひと休み

リフトやケーブルカーは、山頂まではいかないため、途中から山頂に向かう道を歩く必要があります。

その山頂に向かう途中にある絶景カフェは、愛犬同伴でカフェに入る事が出来ます。
愛犬と展望台で、絶景を楽しみつつ記念撮影を撮る人も多いようです。

山頂までの道

高尾山は、1号路~6号路と様々なハイキングコースが用意されています。
ちなみに山頂に通じているのは、1号路3号路4号路のみで、その他のコースは、山道をぐるりと回ったり自然を散策するコースのようです。

人気なコースは、1号路と4号路です。
1号路は、薬王院もありお土産屋さんなどのお店も多数楽しめます。
さる園などもあるため、家族連れには定番コースとなっているようです。

4号路は、マイナスイオンが感じられる木々が沢山生い茂っている、本格的に愛犬とハイキングを楽しみたい人向けです。
道中には、つり橋もあるためスリルを味わいつつ楽しめます。

山頂に到着

山頂に到着したら、まず深呼吸をしてみましょう。
空気が澄んでいて、とても気持ちよく感じられるはずです。
それから絶景を楽しむのも良いでしょう。
晴れている時の高尾山山頂からの景色は、息を吞む絶景です。

山頂にあるやまびこ茶屋には、愛犬同伴席も用意されています。
愛犬同伴可能エリアは、窓際で景色も良いですが喫煙席なので、たばこが苦手な方はご注意を…
1席1席が広々としているのは嬉しいポイントです。

愛犬とハイキングに行く時必要なグッズ

ハイキングに行くからと言って、新しいグッズを購入する必要はありません。
ただ、最低限必要なグッズとあれば便利なグッズをご紹介します。

最低限必要なグッズ

・リード(伸縮性ではないもの)
・ハーネス
・防虫効果のある服
・500ml水2本(おしっこを流す用&給水用)
・折りたたみが可能なフードボウル
・うんち袋
・迷子札
・犬用おやつ

あると便利なグッズ

・犬用レインコート
・犬用の靴
・LEDライト

注意点

足元に注意

岩場など、足元がゴツゴツした場所を歩くと、肉球を傷つけてしまうことがあります。

排泄物の処理はしっかりと

愛犬がしたうんちは、山のトイレなどには捨てず、自宅まで持って帰りましょう。
また、おしっこをした場所には水をかけて流すなど、当たり前のことですが処理を行いましょう。

伸縮リードは基本NG

ハイキングでは、伸縮リードで自由に歩かせている人もいますが、犬を自由に歩かせるとハイキングで入ってはいけない区域に入ってしまい、山の植物を踏んでしまうこともあります。
山の植物は、デリケートで1度踏んだりちぎれてしまうと、再生が出来ないことがあります。
それだけでなく、ハイキングをしている他の人のペースを乱してしまうこともあります。

まとめ

愛犬と一緒に楽しめるハイキング~高尾山~いかがでしたでしょうか?
週末は、ぜひ愛犬とハイキングをしてリフレッシュしてみてくださいね♪
愛犬が疲れているかな。と、感じた時は早めに休憩をして休みながらハイキングを楽しんでください。

高尾山アクセス

住所
〒193-0844 東京都八王子市高尾町
電車
京王線高尾山口駅下車徒歩3分
駐車場
有り340台
公式サイト
https://takaozanyuho.com/

著者:miki