FPC(エフピーシー)フリーペットほけん

FPC(エフピーシー)フリーペットほけん

FPCの「フリーペットほけん」は、株式会社FPC(エフピーシー)の販売するペット保険です。50%補償と70%補償の二つのプランが販売されています。
こちらのページでは、「FPCのフリーペットほけん」の特長についてご紹介いたします。

FPCの「フリーペットほけん」の特長

・保険料が上がり続けない年齢区分ごとのフラットな料金設計
・お手頃な保険料で通院・入院・手術の治療費をカバー
・入院の日数制限なし
・全国すべての動物病院に対応

魅力は安価な保険料

FPCの「フリーペットほけん」は、保険料が上がり続けない年齢区分ごとのフラットな料金設計が特長です。
保険料がお手ごろで、家計への負担が少なく長く続けられるペット保険です。

・保険料の上昇は、猫と小型犬であれば生涯を通して2回  ※中型犬・大型犬は3回
・大型犬、中型犬も9歳未満は小型犬と同じ保険料

保険料例

・50%補償プラン、小型犬、月払いの場合…4歳以下:1,590円/月、5~11歳:2,390円/月、12歳以降:3,020円/月
・70%補償プラン、中型犬、月払いの場合…4歳以下:1,950円/月、5~8歳:2,930円/月、9~11歳:3,570円/月、12歳以降:4,450円/月

※保険料の詳細については、FPCのホームページやパンフレットで必ずご確認ください。

ポイント 大型犬、中型犬におすすめ

大型犬や中型犬は体格が大きいため、小型犬と比較して一般的にケガや病気の治療に薬剤が多く必要になります。
こうした理由で、一般的に大型犬、中型犬は小型犬よりも保険料が高く設定される傾向にあります。

FPCの「フリーペットほけん」は、小型犬や猫の保険料もお手ごろですが、9歳未満の場合、中型犬、大型犬もそれぞれ同じ保険料になります。

保険料が安くても充実した補償内容

お手ごろな保険料でも、通院・入院・手術を幅広く補償します。
年間の補償限度総額(限度額x限度日数(回数)の合計)は85万円です。
(入院、通院、手術にそれぞれ限度額、限度日数、限度回数が設定されています)

通院補償

お支払い限度額 1日¥12,500まで
年間30日まで

ケガや病気の通院も補償されます。
免責金額がないため、少ない金額でも安心して利用できます。

入院補償

お支払い限度額 1入院¥125,000まで
年間3入院まで ※1入院とは、入院して退院するまでをいいます。

入院に日数制限がないため、安心して入院させてあげられます。

手術補償

お支払い限度額 1回¥100,000まで

年間1回まで
年間1回まで、手術費用を最大100,000円補償します。

ポイント「入院保険に日数制限がない」

FPCのフリーペットほけんには限度額はあるものの入院保険金に日数制限はありません。
入院期間が何日間であっても入院して退院するまでを1入院とし、年間3入院までが補償対象となります。
長期間の入院治療が必要となった際に、「限度日数を超えてしまうかもしれない」といった不安や心配なく、安心して治療に専念できる設計になっています。

日本国内すべての動物病院で保険が使えます

FPCのペット保険は動物病院の指定がありませんので、日本国内すべての動物病院で使えます。ご近所のかかりつけの動物病院でも安心して利用することができます。

終身まで更新可能です

FPC「フリーペットほけん」は、終身まで更新可能です。
高齢になっても保険料が上がり続けない年齢区分ごとのフラットな料金設計。
お手頃な保険料で、終身まで更新可能です。

FPC「フリーペットほけん」の安さの理由

「付加保険料」と呼ばれる、保険会社が運営していくために必要な人件費や宣伝費、固定費等を削減することで、安さを実現しています。

加入できる年齢

保険契約の開始日時点で生後30日以上9才未満の犬または猫
(継続契約の更新は終身で可能です)

※注意)
9歳以上の場合、加入できないということになりますので、ご加入を検討の方はお早めに。

お支払いの方法

クレジットカード払いか、銀行引落が選択できます。
クレジットカード払いは、年一括払いになります。
毎月支払う分割払いを希望される方は、銀行引落を選択しましょう。
分割払い(月払い)に比べ年一括払いの方が、年間で支払う保険料が割安になります。

例 5歳未満50%補償プランの場合

月額1,590円 年額16,950円
(16,950円を12カ月で割ると一カ月あたり1,413円)

郵送するだけ簡単な保険金請求

保険金請求手続きは、原則以下の書類を2種類用意して、保険会社に送付するだけで完了します。

・保険証券のコピーまたは保険継続証のコピー(保険成立後に受け取れます)
・明細つきの領収書、または診療明細書、またはFPC専用診療明細書(いずれも原本)

電話で連絡してから送る必要もなく、獣医師が書いた診断書も原則不要(※)となっています。書類が届くと、保険金の査定がはじまり、支払額が確定すると、指定された口座に保険金が振り込まれます。

※(FPCより)
傷病の程度等に応じて、診断書や検査結果表等の提出が必要となる場合があります。その場合は、書類到着後当社よりご連絡させていただきますので、まずはご請求ください。

まとめ

・保険料が上がり続けない年齢区分ごとのフラットな料金設計
・大型犬、中型犬も9歳未満は小型犬と同じ保険料
・入院が長引いた場合も安心できる補償内容

保険料の安さが特長のペット保険です。
保険料を重視する方は一度検討されてみてはいかがでしょうか。

※本サイトには、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。
 あくまで参考情報としてご利用ください。
※今後の商品改定等により、保険料等が変更になる場合があります。
※特定傷病等を不担保として保険契約の引受けを行う場合や継続契約を引受けない場合があります。
※保険金のお支払い対象とならない治療費があります。
※保険商品の内容については、必ず重要事項説明書等でご確認ください。

【株式会社FPC エフピーシー】PETI-ST190313-002

ペットタイムズのLINEができました

ペットとお出かけエリア情報

人気コンテンツ

  • PET EVENT
  • フォトコンテスト
  • 今、話題のPET GOODS

ペットタイムズにイベントや新製品の情報を掲載しませんか?

ページトップへ