ホリデーシーズンは特に危険!「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が年々急増?!

「骨タイプのおやつ」に危険が潜んでいる可能性があることを米政府機関が警告しました。

米食品医薬品局(FDA)は、犬用おやつが起因する死亡例を確認しました。
結果、特定の犬用おやつが致命傷を負わせる可能性があると発表したのです。

そのおやつとは?

犬が喜んで噛り付くことが多い「骨」タイプのものです。

「骨」タイプのおやつにより、2016年に15頭の犬が、骨を加工したおやつや、表面を骨でコーティングしたおやつを食べて亡くなったことが判明しました。
その他、約70頭もの犬が「骨」タイプのおやつによる事が原因で病気になったのです。
2015年には8頭だった犬の死亡数は、ほぼ2倍に増えました。

米食品医薬品局(FDA)の報告書によると、「骨」タイプのおやつを食べた犬は、嘔吐、窒息、さらに胃で消化不良を起こし、苦しむ結果となり、病院に駆け込むことが多くありました。
犬は一見、よく噛んで食べているように見えたとしても、実際は破片になった「骨」をそのまま丸のみにし、消化しきれていないことが多くあります。
「骨」タイプのおやつをそのまま放置すると、カビも生えることも多く、そのカビも健康被害を起こす問題のひとつです。

ホリデーシーズンは特に危険!?

「骨」タイプのおやつ自体にも問題があることも否めません。
しかし、「飼い主がペットのおやつに注意していないこと」が多いことが現状です。

中国産ジャーキータイプのおやつを食べて、1000頭以上の犬が亡くなった事件をまだ覚えている方はいますか?
2015年に某メーカーが販売した、中国産のジャーキータイプのおやつ。
そのおやつを食べた犬が1000頭以上亡くなり、6000頭以上の犬が食べた後に下痢や嘔吐などの症状を示し、病気になった事件がありました。

その時の米食品医薬品局(FDA)の意見は、「飼い主は、ペット用おやつのメーカーが自社製品に使用した原料の原産国記載を義務付けられていないことを認識しておくべき」と飼い主に注意を促していました。

12月に入り、米食品医薬品局(FDA)は、大切なペットを守るためのアドバイスを喚起しています。
「すべての鶏肉と七面鳥の骨に注意を払うこと」
鶏の骨は非常に脆く、簡単に砕けますが、骨は縦に裂ける為犬の食道や内臓を傷付ける恐れがあります。
食卓、ごみ箱や犬の手の届く場所に放置するのは避けましょう。

まとめ

ホリデーシーズンには、様々なおやつが新発売されます。
愛犬のクリスマスプレゼントとして、新発売のおやつを購入する飼い主も増加する季節です。
「骨」タイプのおやつや、ジャーキータイプのおやつを購入し、体調不良になることは非常に稀ではありますが愛犬の命を守れるのは飼い主だけです。
「骨」タイプのおやつが好きな犬に向けてアドバイスです♪
1度与えたら与えっぱなしではなく、食べるのをやめている間は冷蔵庫で保管するなど、カビが生えにくいように工夫をしましょう。
今年もあと僅かとなりましたが、元気に健康で新しい1年を迎える準備をしたいですね!