実はとってもデリケート!ねこちゃんの耳掃除のやり方

ネコちゃんの、耳の汚れが気になったことはありませんか? 耳はとてもデリケートな部分です。 ちゃんとした掃除方法で、病気にならないようにこまめにケアしてあげましょう。


via pixabay.com

そもそもネコちゃんの耳掃除は必要なの?

ネコはキレイ好きで有名で自分の体をよく舐めて清潔に保っています。しかし、耳は自分でキレイにすることができないので、病気にかかりやすい部分といわれています。

耳の病気の中には、

  • 耳にダニが寄生することが原因の「耳ダニ」
  • 耳垢や傷によって耳の中が異常な状態になる「外耳炎・内耳炎」
  • 血液が溜まってしまい、赤みや腫れを伴う「耳血腫」

などがあります。

これらの病気を防ぐために、適切な方法で掃除をしてあげましょう。

耳掃除のしすぎは要注意!

ネコちゃんの耳掃除は絶対に必要というわけではありません。逆に耳掃除をし過ぎると耳の中が傷ついてしまい、病気になりやすくなってしまいます。

ネコによっては、耳の中が不衛生になりやすく、耳垢もたまりやすいため、定期的に耳の掃除をしてあげることは大切です。

耳が不衛生になりやすいのは、垂れ耳のネコで「マンチカン」や「スコティッシュホールド」が代表的です。垂れ耳のタイプのネコちゃんは、1週間に1回を目安に耳掃除をしてあげてください。

耳掃除の方法

耳掃除のときは、耳に異常がないチェックしてからお掃除をしてあげましょう。ペット用のローションを使い、ティッシュで湿らせてから、やさしく拭き取ります。

耳の汚れが気になり綿棒を使って耳の奥まで掃除をしてしまいがちですが、耳の中を傷つける危険性がとても高いのでしないようにしましょう。

また、耳の奥まで掃除をすると、ネコが驚いてしまい、耳の掃除を嫌がってしまいます。耳掃除を嫌がってしまうと、掃除ができず耳が不衛生になってしまうので、なるべく耳の奥を刺激しないようにしてあげてください。

まとめ

飼い主さんはネコちゃんのためを思っていますが、実はネコにとって病気を招く原因になる場合があります。

耳の掃除方法がわからない場合は動物病院で掃除方法を教えてもらうのがおすすめです。また、耳掃除をしていて、異常が見られた場合はすぐに動物病院へ行き、処置してもらいましょう。