タバコ、電池、ポリ袋etc…ペットがウッカリ誤飲しがちな物と誤飲後の対策

ペットはときどき思いもかけないものを口に入れてしまうことがあります。先の尖ったものや、詰まりやすいものを誤飲してしまえば、命の危険もあり非常に危険です。ペットが誤飲しないための対策方法と、万が一異物を飲み込んでしまったときの対処法を紹介します。

代表的な「ペットが誤飲しがちな物」

ペットがよく誤飲してしまうのはタバコです。おもちゃにして遊んでいるうちに食べてしまうことがあるのですが、小型犬の場合、2~3本でニコチン中毒を起こす可能性があります。ボタン電池も危険です。口に入りやすい大きさのため、飲み込んでしまうペットが多く、体内に長く残っていれば腐敗して胃腸が破けてしまうこともあります。また、食べ物が入っていたポリ袋も、匂いに興味を持ったペットが口に入れてしまうおそれがあり危険です。

ペットが届くところに危ないものは置かないのが基本!

ペットが誤って異物を食べるのを防ぐには、手が届くところに飲み込みそうなものを置かないのが一番です。タバコ・電池・ポリ袋・釣り針・錠剤・串・楊枝・ストッキング・糸・輪ゴム・ヘアゴム・コインのように誤飲しやすいものは片付けておきましょう。また、新聞紙やティッシュペーパーのような紙類も、破いて遊んでいるうちに飲み込んでしまうおそれがあります。床には置かないで、ペットが届かない高い位置に置くようにしてください。

まとめ

ペットが興味を持ったものを口に入れてしまったり、遊んでいるうちにものを誤って飲み込んでしまったりするケースはよくあります。誤飲の危険があるものはペットの手が届く場所に置かないようにしましょう。万が一飲み込んでしまった場合は吐き出させ、すみやかに動物病院に連れて行ってください。
まずは万が一に備えて、ペット保険に加入することをおすすめします。
【おすすめペット保険:PS保険(ペットメディカルサポート)